PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201105173886

NZで一番大きな機関車を体験!  〜 ニュージーランドワーキングホリデー

NZで一番大きな機関車を体験!  〜 ニュージーランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
大迫力の蒸気機関車
 少しずつ冬の気配を感じ始めてきたここクライストチャーチでは、夏ほどではないですが冬にもいろいろな催し物があります。しかも安い。そしてファミリーで楽しめる。とてもいい環境だとつくづく感じます。
NZで一番大きな機関車を体験!  〜 ニュージーランドワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
スチームも空高く舞い上がります
今回私が出かけたイベントは、クライストチャーチから1時間ほど南西に下ったAshburtonという地域の”Ashburtons Wheels week”の最後の週末に行われました。1950年から1970年代にかけてニュージーランド国営で走っていた、"Greyhound" Ja 1260という機関車になんと6ドル(400円くらい)で2回も乗れるというもの。これは出かけないとということで、少し小雨が降る中でかけていきました。
NZで一番大きな機関車を体験!  〜 ニュージーランドワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
ニュージーランドらしい風景も見られます
なんと、この"Greyhound" Ja 1260というのは、ニュージーランドで作られた機関車の中で一番大きく、110トンもあるそうです。とはいっても、この数字を聞いてもなかなか時間が沸かないのですが、とにかく大きかったです。乗ってる時間にすると20分くらいでしょうか。世界の車窓からの歌が流れてきそうなニュージーランドらしい風景もたっぷり堪能できました。しかも、この汽車を運転している人たちはみんなボランティアで運営されていて、希望すれば運転席に乗せてくれたりもするそうです。日本の鉄道マニアにはもってこいですね。
NZで一番大きな機関車を体験!  〜 ニュージーランドワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
すたれた列車
その後は、同じ敷地内にあるビンテージ博物館に行きました。昔の消防車や消防服、なぜか歯医者のいす・・や、どれくらい昔か分かりませんが、すたれた列車があったり、見ごたえがありました。
最近は、資金不足と地震の影響でイベントが中止になったりもしましたが、こういうイベントはぜひとももっともって引き続きやってほしいものです。

2011年05月17日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]