PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201105103876

カナダでも作れます「日本の和菓子」 〜 カナダワーキングホリデー

カナダでも作れます「日本の和菓子」 〜 カナダワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
『桃の節句』に作った
“関東風桜餅”
現在、バンクーバーは“桜の開花リレー”のラストを飾る八重桜が満開となっています。意外と思われるかもしれませんが、バンクーバーには約3万7千本もの桜の木があり、山桜・杏・染井吉野・八重桜の順番で2ヶ月近くにも渡って桜シーズンを楽しむ事が出来ます。ですが八重桜が満開となった今「もう桜の季節も終わりか・・・」と少し寂しい気分になっています。
カナダでも作れます「日本の和菓子」 〜 カナダワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
カナダでは“よもぎ餅”も作れます。
カナダに住むようになって今年で7年目を迎える私ですが、異国に住むようになった事で、日本に住んでいた頃よりも日本の伝統行事を重んじるようになりました。バンクーバーの桜シーズンは日本の伝統行事である『桃の節句』や『端午の節句』の時期と重なるのですが、勿論、今年もしっかりお祝いしましたよ。今年は“関東風桜餅”“三色団子”“よもぎ餅”を作ったのですが「カナダでもそんな和菓子が作れるの?」とお思いになる方が多いかもしれませんね。それが意外にも、カナダ(都市部に限るかもしれませんが・・・)では、とても簡単に和菓子の材料が手に入るんです。
カナダでも作れます「日本の和菓子」 〜 カナダワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
手作りした“桜の葉の塩漬け”。
工程は三日ほど掛かりました。
カナダは言わずと知れた『移民国家』なのですが、特にバンクーバーは西の玄関口という事もあって、本当に様々な国の人々が共に生活しています。なので色々な国のバック・グラウンドを持つスーパーマーケットがあり、その中には勿論、日系、中国系、韓国系といった東アジア系のスーパーも沢山あります。それらのスーパーであれば、和菓子作りに必要な『餡子、白玉粉、上新粉、道明寺粉』といった本格的な和菓子材料を、いとも簡単に入手する事が出来ます。日本製商品の場合、少々高値になりますが、中国系・韓国製商品であれば比較的安値で購入できます。“よもぎ餅”に必要な“ヨモギ”は、今の時期になると韓国系スーパーの野菜売り場で袋入りになって並ぶので、それを自宅で電子レンジを使って乾燥させ、ミルで挽いた物をよもぎ餅に使用します。
“桜餅”に必要な“桜の葉の塩漬け”に関しては、残念ながらどのお店でも販売していません(あと“柏の葉”も)。しかしこれは八重桜の葉を使って簡単に手作り出来るんです。昨年、私の知人の方が御自宅の庭に咲いている八重桜の葉を大量に譲って下さり、それを自分で塩漬けにしました。冷凍庫で保存すれば1年以上もつので、年中好きな時に桜餅を作る事が出来ます。今年の桜餅も、去年作った塩漬けを使用しました。

カナダでも作れます「日本の和菓子」 〜 カナダワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
韓国スーパーで売っている
“鯛焼き器”
実はカナダでは“鯛焼き器”までも韓国系スーパーで入手する事が出来ます。私はまだ購入していないのですが、その鯛焼きメーカーの前を通る度に、毎回購入すべきかどうかと悩んでしまいます。うーん、どうしましょう・・・(悩)。
カナダに住むようになった事で日本の伝統行事を重んじるようになり、それに便乗するかのようにすっかり「和菓子好き」になってしまった私。これからも、カナダの地で試行錯誤しながら和菓子を手作りして行きたいと思っています。

2011年05月10日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]