PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201104263846

ロイヤルウェディングに向けて 〜 イギリスワーキングホリデー

ロイヤルウェディングに向けて 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
炭酸飲料「シュベップス」の
ボトルもお祝い仕様
ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚式を数日後に控え、イングランドではかなりお祝いムードが高まっています。お祝いムードに乗じての商戦も本格化し、お土産屋に行けば王子とミドルトンさんの写真の載ったマグカップ、スプーン、ティータオルなどとにかくグッズでショーウィンドウが埋め尽くされています。毛糸屋には、なんと「ロイヤルウェディングを毛糸で作る!」というような(出来上がり品の顔が彼らに似ているかと言うのは別問題ですが)「こんな店まで!」という場所でもグッズがあります。ちなみにキャス・キッドソンでもマグ、キーホルダー、ティータオルが売られていたようですが、ほぼ当日完売。今ではティータオルが数枚残っているだけのようで、私の友人も結局手に入れられないままでした(ティータオルは通常何ポンドで購入できるものですが、ロイヤルウェディング向けの限定品ともあり12ポンドです)。友人はナショナルトラストのマグの購入となりました。
お店以外では、ヨークにはティールームの老舗Bettysがあるのですが、エルデールフラワーの炭酸水を、29日以降しばらく無料で提供するようです(Bettysに来店し、そのときにもらえるハガキの提示が必要という条件あり)。

もちろん、お祝いムードの裏では警察などの警備の問題も前以上にニュースで取り上げられています。私は大使館のメールで29日に関する注意をもらいました。内容は、現時点でも英国数か所で爆弾が見つかっており、ウェディングに合わせたテロ活動が活発化しているため、人の多い場所などを避けるようにとのこと。ロンドンのパレードに警察が5000人導入されるとニュースでは伝えていましたが、デモも行われるということなので、実際当日どのくらいまでセキュリティが強化されるのか…こちらのニュースからも目が離せません。

日本でもロイヤルウェディングは放送予定だと聞きました。みなさんは興味がおありですか?


2011年04月26日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]