PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201104193834

マオリと日本人が共演!チャリティーコンサートin Chch 〜 NZワーキングホリデー

マオリと日本人が共演!チャリティーコンサートin Chch 〜 NZワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 日本の地震から1ヶ月以上が経ちましたが、実際に被災したクライストチャーチの人々は、私たち日本人のことを全く人事としてみていません。一緒に痛みを分かち合う仲間のような感覚です。M7.2を経験している私達としては、M9がどれだけ大きいかというのも経験したことがない人よりも分かっています。そんなクライストチャーチで、先日、東日本大震災のためのチャリティーコンサートが行われました。

このコンサートは、日本人コーラス隊とマオリSocietyの共同主催で行われました。新聞やインターネットなどで告知されていましたので、当日はたくさん人が来ていました。恐らく150名くらいでしょうか。

日本からは、日本語のコーラスの歌や和楽器(琴や三味線など)の演奏、そしてマオリの方からは一緒に頑張ろうというような歌を数曲。そして、一番好評だったのは、日本の和太鼓。しーんと静まった会場に、体のそこから振動する和太鼓がとても感動的でした。最後には、バイオリンを交えた、日本人の軽音楽クラブの演奏。チャリティコンサートでしたのでもちろんみんなボランティアで構成されたものでしたが、とても満足いくものでした。もちろん募金もたくさん集まっていたようです。そこで売られていたリストバンド(5ドル)も好評でした。

今回特に私が感動したのは、マオリの人が好意的にこのコンサートに協力をしてくださったこと。マオリの人は、同じ苦しみを体験した日本人のことを家族のように思っています。そんな一歩踏み込んだ感情をうまく歌と言葉に表現していました。

Kia Kaha(キアハカ)!これがマオリ語で強くあれという意味です。ぜひ日本もクライストチャーチもKia Kahaを合言葉で強くつながって行きましょう。

2011年04月19日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]