PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201103153789

カナダで母国を想う・・・「東北関東大震災」 〜 カナダワーキングホリデー

2011年3月11日、東北・関東地方を襲った『東北地方太平洋沖地震 (東北関東大震災)』にて被災された方々へ御見舞いを申し上げると共に、お亡くなりになられた方々の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

今回の日本での大震災は、カナダでもテレビ、ラジオ、ネット上でトップニュースとして大きく取り上げられています。私は地震発生のニュースを直後にネットで知ったのですが、実際に映像を観たのは翌日の朝でした。私はその時ファミリードクターのクリニックの待合室に居たのですが、そこにあったTVに映し出された日本からの映像は、本当に言葉を失うものでした。その場に居たカナダ人達も画面を食い入るように見つめ、誰に話す訳でもなく、口々に「嗚呼、神様、何てこと・・・」「なんて酷い・・・」「まるで災害パニック映画を観ているようだ・・・」と呟いています。
 
轟音と共に街を飲み込む津波、壊滅状態となって炎に包まれる街、火柱を上げる製油所のガス・タンク・・・・。

我が目を疑いました。これは本当に私の国で起こっている事なのかと、ショックで言葉も出ず、込み上げてきて涙が頬を伝いました。

その日はカナダも日本の地震一色となり、クリニックの後で出掛けたガソリン・スタンドやスーパーでも、会計の際にレジの方々から「貴方、日本人・・・? 貴方の日本の家族は大丈夫なの? 今回の事は、本当になんと言ったらいいか・・・」といった暖かい言葉を掛けて頂けました。自宅に戻ってからも、カナダ人の知人・友人達から私の日本の家族の安否を気遣う連絡を沢山頂けて、彼らのその心遣いに胸が熱くなりました。

今回の地震でカナダ人が驚いているのは「地震の規模」だけではありません。これだけの被害を被っているにも関わらず、被災者の方々が震災発生時にとても冷静に行動していた事、発生後も避難所でパニックが起こっていないこと、食糧や水を巡って争いが起こっていない事に感嘆の声が上がっています。

そしてカナダでも、地震報道直後から被災地への義援金活動が始まりました。カナダ赤十字社によると、3月13日の時点でカナダ国内から集まった義援金は既に1ミリオンドル(約8400万円)を突破。私も微力ではありますが参加させて頂きました。そして、もっともっと多くの方々にこの義援金活動に参加して頂き、被災地の方々に、私達の愛する母国に、救いの手を差し伸べて頂けたら、と願っています。皆さん一人一人の気持ちが多く集まれば、やがて大きな形となって被災地の復旧に役立つ事となります。

被災地の皆さん、カナダから皆さんの事を想っています。一日も早く、皆さんが通常生活に戻れる日が来る事を、心よりお祈りしております。



※義援金ページへのリンク※


●NHK報道資料「東北関東大震災・義援金の受付について」●

http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/110314-001.html


●Canadian Red Cross(カナダ赤十字社)
 「Donate online - Japan Earthquake/Asia-Pacific Tsunami」●

https://secure.e2rm.com/registrant/donate.aspx?EventID=66175&LangPref=en-CA&Referrer=direct%2fnone


2011年03月15日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]