PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201101283717

長い冬を乗り越えるための・・・ イギリスワーキングホリデー

あけましておめでとうございます。2011年、年明けからイギリスは大きな変化を迎えています。突然始まったことではないですが、現在の政権に変わってから社会保障のシステムがかなり見直されています。年明けから始まり私たち外国人にも影響があるのは、VAT(Value Added Tax)、付加価値税率の上昇です。日本の消費税のようなものです。17.5%から20%になりました。かなり大きいですよね。バス代も電車代も元々高いのに上がって大変です。VATは上がってもお給料が上がってません。

そしてイギリスの冬は長いです。1月後半の今でももう夕方4時くらいになれば外は真っ暗、一日で日差しを見れる日も最近はあまりありません。暗い気分になる要因が多いですが、今回はそれを乗り越えるためのアイディアを紹介致します。

私の同僚などは、暗い天気が多いので体に太陽を浴びないと骨が弱くなると言い、日焼けサロンのようなものに月一回ほど行っています。こっちの人は少し日焼けた肌を好むからかもしれません。

私がこちらに来て驚いたのは、レメディーというものです。最近も私自身、日本でお正月を迎えて帰って来たときに時差ぼけが1週間ほどとれず、フラットメイトが、'RESCUE NIGHT'という花のエッセンスが入ったレメディーをくれました。いろんな植物や花のエキスが入っているレメディー(民間療法)と呼ばれるものです。ナチュラルなものなのですごい効果があるという訳ではないのですが匂いで気持ち的に少し楽になれます。寝る前に4、5ドロップほど舌の上にのせるだけです。フラットメイトは少しストレスやパニックを感じたときに使うと言っていました。こちらでは普通の薬局にレメディーが沢山おいてあります。健康志向、ナチュラル志向の人が好んで買います。風邪を引いた時のレメディーもあり、私も風邪を引いたときに水に入れて使っています。こちらではレメディーやオーガニックなものを普通のスーパーや薬局など目にする機会も多いです。私もこちらに来てから自分の体をいたわることを覚えた気がします。自分の体に入れるものは自分でしっかり考えて、この長い冬を乗り切りたいですね。





2011年01月28日(金) written by ジンジャー from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]