PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201101143698

残り物にも福がある? 〜 ドイツワーキングホリデー

ようやく新年を迎えかなり落ち着いて来た街並み。冷え込みだけがさらにこれからも加速していくだけという感じになってきてるので、できるだけ少しでもホッコリした気分になれることを見つけていきたいところですよね。中には2月のベルリナーレ(ベルリン国際映画祭)の最新情報を日々ゲットすることを楽しみされてる方もいるのではないでしょうか。

筆者は超庶民なので、スーパー大好きで、近所の各社スーパーを巡っては掘り出し物を見つけるというのが楽しみの1つなのですが、この時期だと年末のクリスマスグッズが売り場の隅っこに半値くらいで売られていたりします。クリスマス前だと「え〜、、スーパーで市販の出来合いのを買うのもなぁーー、、」と思ってたグリューヴァインも、年明けで半値とかになってたら“ま、ちょっと買ってもいいかな”と試しに買ってみたり。さすがにもうマルクトはどこもやってないので、最後の楽しみ?がてらにはちょうど良いかもしれません。甘いので口に合わなかったら牛肉を煮込む用に使ってみたり、ゼラチン入れてゼリー風に・・etcと、色々頭をひねるとまた料理の幅が広駆るかも?!

お菓子系だとリッターやミルカなどからクリスマス限定フレーバーのチョコが出てるので、そのへんもシーズン過ぎたら他のよりちょい安めになるので、年末にお気に入り味を見つけていた場合は今時期に買い溜めもいいかもですね!(吹き出物注意)。何気にあるんですよね、あーあの時の限定美味しかったなーもっと買っとけばよかったなーって思う時。いわゆる電化製品でいう「型落ち」ではありますが、安くて質が変わらないなら問題なし!ですよね。

2011年01月14日(金) written by mosch from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]