PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201012173663

フランスの養命酒!? 〜Chartreuseシャルトリューズ〜 フランスワーホリ

フランスの養命酒!? 〜Chartreuseシャルトリューズ〜 フランスワーホリ 1 ワーキングホリデー通信
Chartreuse vert(緑)とjaune(黄色)
みなさんは、Chartreuse(シャルトルーズ)をご存じですか?
フランスでは、Digestif(食後酒)に飲んだり、お菓子やカクテルに使われているリキュール(アルコール度数はVert緑が55度、Jaune黄色が40度)なのですが、もともとは“不老不死の霊薬”だったそうです。
(以下、Wikipediaより引用)
シャルトリューズの製造の歴史は古く、不老不死の霊薬として1605年にカルトジオ会で解読(作成?)された処方がフランス王アンリ4世の式部官であったマレシャレ・デストレに奉げられ、1764年にシャルトルーズ修道院に渡り、1767年に製造がはじまったとされる。これに更に神父ジェローム・モベックが注釈をつけた処方が現在のヴェール(緑)の製造法の原型であり、さらにその後1838年になって、神父プルーノ・ジャケによってジョーヌ(黄)の処方が作成された。
フランスの養命酒!? 〜Chartreuseシャルトリューズ〜 フランスワーホリ 2 ワーキングホリデー通信
蒸留工程の説明
1970年以降は民間企業で製造されるようになったが、その詳細な製造法は、現在でもシャルトルーズ修道院の修道士3人のみが知る秘伝となっている。ブランデーをベースとして、アンゼリカ(セイヨウトウキ)、クローブ、コリアンダーをはじめとする130種類のハーブを加え、5回の浸漬と4回の蒸留を経て調製されるということだけが公開されている。
言うならば、日本の“養命酒”といったところでしょうか?
かくいう私も、風邪ぎみかな〜?という時に、薬の代わりにクイっと飲んで、ぐっすり寝れば、体がポカポカしてきて翌朝はスッキリということも・・・
フランスの養命酒!? 〜Chartreuseシャルトリューズ〜 フランスワーホリ 3 ワーキングホリデー通信
Cave(酒蔵)
そんなわけで、来たる寒い冬に備えて、Chartreuseを求めて、Megeveからの日帰りプチ観光に行ってきました。
現在はMusee(博物館)になっているシャルトルーズ修道院は、冬場(4月初めまで)は閉館しているとのことだったので、向かったのは、Grenoble(グルノーブル)から10分ほどのVoiron(ヴォワロン)という町にある、ChartreuseのCave(酒蔵)。
フランスの養命酒!? 〜Chartreuseシャルトリューズ〜 フランスワーホリ 4 ワーキングホリデー通信
試飲コーナー
ガイドさんの案内で、蒸留の過程やCaveの中を見学していると、どこからともなく、芳醇な香りが漂います。
最後にゆっくり試飲して、お気に入りを見つけ、購入。
これで、今年の冬も安心です!? 
2010年12月17日(金) written by sachimegeve from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]