PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201012073647

クリスマスまでもうすこし 〜 フランスワーキングホリデー

クリスマスまでもうすこし 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
寒さが厳しくなる12月の
どんよりした空にはツリーが
似合うかもしれません。
カトリックの国であるフランスでのクリスマスは、というと何か宗教的に意味アリのようでもありますが、外国人が普通に暮らしているとクリスマスはやっぱり商業行事と思ってしまいがちです。なにしろクリスマスセールの規模はかなりのものですし、町や家庭の装飾も半端ではありません。
でもその華やかなイベントとは別に、結構地味なものがあったりします。フランスでクリスマスはかなり家庭的なイベントで、この休暇にあわせて家族や親戚が集ったり、日本的にはクリスマスというよりもお盆や正月に近いでしょうか。そのためクリスマス休暇というとクリスマス当日をはさんだ前後あわせた2週間くらいで、この時期に休暇を取る人が多いです。しかし日本のような正月気分はほぼ皆無なので年始はスパッと仕事始めです。

クリスマスまでもうすこし 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
子供向けクリスマスイベントの人形劇。
逆に友人、職場仲間とのクリスマスとなると12月始めころからの助走期間とも言える週末に予定が入ります。この時期にはクリスマスイベントが目白押しで、職場なら忘年会さながらのパーティー、これが結構パワフルでオールナイトであったり、職場主催の子供向けパーティがあったり。
町のほうに目を向けると、自治体主催のクリスマス市場が用意されています。クリスマス市というとドイツ方面、フランスならアルザス地方のものが有名ですが、パリにはパリらしい文化交流的なものが、小さな町なら身の丈にあったしかし手作り感のあるものがあります。
クリスマスまでもうすこし 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
ペールノエル参上!
忘れてはならないのはクリスマスの主役、教会でしょう。教徒でもなければ教会は時にガランガラン鐘を鳴らすもの、あるいはモニュメントでしかありませんが、この時期の大きな町の教会なら敷居が低いです。
2010年12月07日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]