PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201010193568

クライストチャーチにも春の訪れ! 〜 NZワーキングホリデー

クライストチャーチにも春の訪れ! 〜 NZワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
桃色の桜と青空のコントラストが美しい!
 長い冬を越えてやっと春の訪れを肌で感じるようになりました。時期的には春とはいえ、まだ暖炉を使うような寒い日もあれば、直射日光が痛いくらいの暑い日もあります。ちなみに、一日の中でも非常に温度差があります。そして朝外に出るときには、重ね着が必須。昼間にはとっても暑くなったりもしますので、薄着できるようにしましょう。
さて、私はクライストチャーチに住んで6年になりますが、春の訪れを感じる時にひとつだけいやなことがあります。それは、乾燥。日本にいたときには、夏場は湿気が多く、冬場に乾燥していたので、こちらはそれとはまったく逆になります。ですので、夏場は紫外線対策とあわせて乾燥対策をしなければいけません。しかも湿気がほとんどないため夏場に汗をかくことが少なく、新陳代謝が悪くなり老化を早くするとも言われています。日本からこちらに来る方は要注意ですよ!

クライストチャーチにも春の訪れ! 〜 NZワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
木々にも花や緑が戻ってきました!
春の風物詩といえば、桜。日本でもそうですよね。こちらの桜のシーズンは9月。今年は少し出だしが遅く、9月終わりから10月初旬にかけてが満開でした。
週末となると桜の観光地ではピクニックに訪れる人がたくさん。でも、日本のように花見のような宴会はしません。そして夜桜を見に行くことは少し危険です。なぜかというと、誰もやらないからです。人気がなく暗いところは危ないですからね。しかも、夜は気温がかなり落ちるため夜桜を楽しもうと思っても重装備が必要です。さらに公共の場ではアルコールを禁止されているところが多いので日本のような感覚ではいけませんね。
まだまだ余震は続いていますが、気候もよくなり気持ちよい季節です。地震の復旧作業も比較的スムーズに進んでいます。これからクライストチャーチにたくさんよいことがありますように。

2010年10月19日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]