PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201009283537

フランス、生の魚介類 〜 フランスワーキングホリデー

フランス、生の魚介類 〜 フランスワーキングホリデー
店員が生でもOKというのでかつおを
一匹買ってみました。でもあまり脂は
乗っていないし、水っぽいし。
 フランスで魚屋というとどうも生臭い感じがするのですが、それは魚の種類によってはずいぶん鮮度管理がおろそかだったり、魚の扱いが雑だったりするためです。しかしときにイイものがあるので常に見張っているのも良いかと思います。
日本人的に気になるのはやはりお刺身にできるいい鮮度の魚です。町の日本料理レストランでは、あやしいアジア人の作るすしでも結構な値段です。お刺身さえ手に入ればそれで満足。多くの日本、中華レストランでは「お持ち帰り」ができるので、お刺身盛り合わせ持ち帰りもアリですが、ここはやはり魚屋で消費者価格のものを手にしたいです。

フランス、生の魚介類 〜 フランスワーキングホリデー
魚屋でこんな切り身になっているマグロ。
見た目がきれいな赤なら
刺身としての鮮度も大丈夫です。
フランスでは地中海のマグロが生のままそれなりの鮮度で流通しているので、魚屋で切り身になっているのでも生で食べられます。もともとフランスではステーキのように焼いて食べるのが主流だったようですが、寿司の認知とともに生食も広まっているようです。店先では日本人の目でみて、これは大丈夫そうだというのは問題ないでしょうし、私もこれまで食あたりにあったこともありません。魚屋さんに「寿司用」言うのも手です。
同様に、鯛、ぼら、ホタテ、えびなどもいけます。時に新鮮なかつおが丸ごと並んでいることがあります。鮮度によっては生でも食べられますが、日本の物のようにピッチピチのうえ脂がのっているというわけにはいかないようです。いわゆる青魚は要注意です。いわし、アジなどは冬場よほど鮮度が良くなければ生で食べる気にならないようなものですし、鯖などはがっかりするほど寄生虫がうごめいています。
一方、貝類やウニなどはフランス人も生食がメインなので安心です。アサリやハマグリでさえ生で食べます。
2010年09月28日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]