PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201008103474

天然アイススケートリンクで初すべり!  〜 NZワーキングホリデー

天然アイススケートリンクで初すべり!  〜 NZワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
雪山をバックに
天然リンクですべる子供たち
 寒さも峠を迎えたNZですが、まだまだ朝晩は冷え込みます。たまにニュージーランドは年中暖かい国と勘違いされる方もいますが、もちろん冬もあります。ここクライストチャーチは、寒い日で最低マイナス4〜5度、最高4度クライストチャーチまで落ち込みます。霜が下りる日も良くありますよ。こういう寒い日は家にこもりがちですが、そんな日こそ外に出て天然アイススケートリンクに出かけてみましょう。
天然アイススケートリンクで初すべり!  〜 NZワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
家族連れで賑わいます
クライストチャーチから車で1時間ちょっとの場所にある「Lake Lyndon(リンドン湖)」。このリンドン湖は、冬になると湖の氷が凍りつき、各地から家族連れや友達連れなどで賑わいます。南アルプスの壮大な雪山を眺めながらのスケートはかなり楽しいです。天然ですので、特に貸し靴などの施設はなく自前でスケート靴を持ち込むのもよし、普通の靴でスリルを味わいながらすべるのもよし。しかしながら、お昼近くになると凍っている氷が解け始め、かなり危険な状態になるので気をつけましょう。
天然アイススケートリンクで初すべり!  〜 NZワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
T字バーに座る子供たち
さて、リンドン湖まで行ったらぜひもう少し足を伸ばして、Portersスキー場に出かけましょう。ローカルなスキー場なので、施設投資代が不足しているのかリフト代やレンタル代はちょっとお高めなのですが、クライストチャーチから1時間半の位置にあるため日帰りで手軽にいけるスキー場です。驚くことに、ここには日本で見られる座るリフトはありません。T字のバーをまたいで乗るリフトです。ちょっと原始的ですよね。でも、もちろん十分にリフトの役目は果たしていました。
夏が来るのが待ち遠しいクライストチャーチですが、寒い冬を乗り切るために冬にできるレクレーションはスケートとスキーで決まりですね。
2010年08月10日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]