PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201008103471

parisバカンス 〜 ドイツワーキングホリデー

parisバカンス 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 現在夏休みでパリに来ています。こちらに来て気づいたことなのですが、パリに住む多くの人がバケーションに出かけていて、地元の人が足を運ぶレストランやお店の多くは残念ながら閉まっています。
お目当てのお店の何軒かが閉まっていてがっかりもしましたが、それよりも何よりもパリの美しい公園や観光スポットを見て回っていると、そんなことはどうでもいいと思えて来ます。
この季節に青々と茂る緑のあふれる美しい町にただただ感動するばかりです。
ノートルダム寺院やエッフェル塔付近には世界各地からやって来た観光客がごった返して、この様子を見るとさすが観光大国のフランスだなぁと関心してしまいます。

 私の住むハンブルグでも観光客をみることがしばしばですが、ドイツ国内からの観光客、そしてヨーロッパ内からの観光客が多いなという印象があります。
今回パリの町を歩いていると、同じヨーロッパの都市にも関わらず、小さい都市の中に歴史的な建造物、観光スポット、美術館、博物館、そして商業店舗の数の多いところに驚いてしまいます。
もちろんドイツの各都市には様々な魅力的なものがあるのですが、1つの都市でこれだけ多くの魅力的なスポットがあるパリには叶わないなと正直思いました。
ドイツに旅行に来る方はさまざまな都市を訪問して、各都市の持つそれぞれ異なる魅力を味わってほしいと思います。
2010年08月10日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]