PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201006083376

フランスでジョギングを楽しもう 〜 フランスワーキングホリデー

フランスでジョギングを楽しもう 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ヴェルサイユ宮殿の庭園をジョギング中、
宮殿を望む。朝も早いで人影もまばら。
パリならば街中の路地からいくつかある大きな公園、広場や緑地、あるいは東西にあるブローニュやヴァンセンヌの森、とにかく木々が生い茂り、散歩に適しているようなところではジョギングを楽しむ人を多く見かけます。ジョギング用のコースが整備されているというわけではありませんが。
フランスでジョギングを楽しもう 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
噴水にはまだ人が来ていませんし、
水も出ていません。
パリといえば町全体が観光地のようなもののイメージがあり、狭く入り組んだ路地、渋滞と雑踏からとてもジョギングなどできないのですが、いくつかある大きな公園は、もちろん晴れた休日ともなるとピクニックなどに集まる市民で混雑します。観光客でごったがえる街の中心とはちがう、ごく普通の混雑です。
フランスでジョギングはかなりさかんなようで、スポーツ用品店だけでなくランナー専門店にはかなりの種類のシューズやウエアやその他もろもろが並んでいます。なので走っている人にはかなり本気装備の人もおります。おなじような傾向が趣味の自転車にもあるようです。こちらはマウンテンバイクで野山を走る派とツールドフランスさながら細タイヤのレース車、ピチピチのユニフォーム派に分かれています。

フランスでジョギングを楽しもう 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
ひとっ走りして宮殿に近づいてみると、
ちゃんと観光客はいるようです。
私の住むあたりのランナー御用達の公園はというとヴェルサイユ宮殿の庭園です。宮殿やナントカの噴水とかいう観光スポットは夏にはあさから大混雑の行列ですが、休日の朝の庭園はじつに静かなものでさわやかに、のんびりと走ることができます。何ヶ所かある入口から宮殿を経ずに直接十字型の水路のある大庭園へは朝8時頃から無料で入場でき、在住者のランナー天国となっています。11時頃からは観光客が増えてきます。
2010年06月08日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]