PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201006013368

今が旬!?ドイツのアスパラ 〜 ドイツワーキングホリデー

今が旬!?ドイツのアスパラ 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 この時期、よくマルクト(市場)やスーパーで見かけるのが、白アスパラです。
日本では、あまりお目にかかれない太くしっかりとした白アスパラは、実に見事です。この白アスパラは、北ドイツに住んでいる方は、北ドイツ産のものが一番!、南ドイツの方は、南ドイツのものが一番!と、それぞれの地域で料理の仕方や付け合わせも異なるようです。

さて、このアスパラの調理法ですが、とにかく皮が厚く、筋があるため、かなり細くなるまで皮をしっかりとむきます。
その皮の量といったら、ものすごいです!
・しっかりと皮をむいたら、沸騰したお湯にじゃがいもを入れます。
このじゃがいもと一緒に茹でることで、アクが取れます。
塩で茹でる方法もあり、好みによって分かれます。
・10〜15分程ゆで、やわらかくなったら、お皿に盛り、バターをかけ、付け合せのハムとじゃがいも、サーモンと一緒にいただきます。

このバターが何とも言えず、トロ〜っととろけてより一層アスパラの風味を増してくれます。
こちらの乳製品の美味しさといったら、本当に幸せこの上ないです。
ただ、不純物が入っていないため、あまり日保ちがしないのが難点ですが、仕方がありません。

そして、この付け合わせも、地方によって様々です。
アスパラがあっさりとしているため、塩分のあるものと一緒に食すことが多いのですが、例えば、南ドイツのニュルンベルクなどは、付け合せに白ソーセージ(ニュルンベルク名物)を合わせたりと、土地のものと一緒に食すことで、楽しみ方も広がります。

この時期、レストランでも美味しい白アスパラを食すことが出来ますので、是非旬のものを味わってみてはいかがでしょうか?

2010年06月01日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]