PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201005113334

ダブリンの素敵なカフェ 〜 アイルランドワーキングホリデー

皆さんは、カフェって好きですか?
カフェといえば重要なのは、内装や雰囲気はもとより、やはりフードやドリンクの充実具合ではないでしょうか。
筆者は勿論、カフェ大好きなのですがカフェ大国日本での環境に体が慣れているせいもありアイルランドではあまりカフェは見かけない気がします。
その代わりBARが沢山あるのだと思いますが、そんな中でとびきり素敵なカフェをダブリンはテンプルバーにて見つけてしまいました。

その名も「Cafe Irie
アドレスは
11Fownes st temple bar D2

入り口は少し分かり辛いかもしれませんが0階(こちらでは1階は0階になります)がレトロチックな服屋さんになっており、その上にCafe Irieがあります。
店内は少し狭いのですが、あったかい雰囲気でレゲエ調のデザインの内装やBGMが心地よいです。
値段設定も、物価高のアイルランドにしてはなかなか良心的な相場となっている様に思います。

フードメニューも充実しているのですが私の特に!特に!特にオススメなのが自家製のチョココブラウニーケーキです。
お値段は3.75ユーロ。安く感じませんか?
甘めのケーキの傍らにはそれに反してさっぱりとしたウィップクリームがついてきます。
それをケーキにつけて食べるとケーキの甘さが緩和されアンビリーバボーな美味しさに変わります。

ちなみにここでトイレを借りる際には店員さんにトイレのキーを借りなければなりません。
一声かけると、キーを渡してくれるのですがキーには何故かスナイパーがついてます(笑)
危険すぎる・・。
それだけで驚くなかれ、トイレに入っても不思議な事が・・。
洗面台の鏡の位置がおかしな場所にあります。

どうおかしいかは、行ってみてからのお楽しみです。

2010年05月11日(火) written by ぴょん from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]