PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201002233207

ネイティブバードを守る! 〜 ニュージーランドワーホリ 〜

 先日南島のウェストコーストの森林が火事になりました。この火事は、ハンターの火の不始末かもしくはアンチDOC(Department of Conservation:環境保護局のようなもの)による放火が原因といわれていますが、この事件はニュースでも大きく取り上げられました。

もちろん、山火事だけでも大きなニュースなのですが、なぜかというと、そこには世界でもっとも有名なニュージーランドの鳥、「キーウィバード」が住んでいるからです。今回はラッキーなことに、DOCからは今回の火事でキーウィの数が減ったという情報はないそうです。
しかしながら、キーウィは夜行性でめったに表に現れません。ではなぜ彼らは、めったに現れないキーウィの数を把握しているのでしょう?

実は現在、キーウィは絶滅の危機に瀕している動物のひとつで、キーウィの卵から孵化するとそのキーウィをひとまず預かり、自然に出しても大丈夫になるまで人の手で育てられます。そうしなければ、自然界の動物(特にポッサム:いたちのような動物)に食べられてしまうのです。そして、その後放されるわけですが、キーウィ一羽一羽にチップをつけ、彼らがどこにいるのか、そしてどこに巣があるのかが分かる仕組みになっています。ですので、彼らはキーウィの所在が分かり、何匹生存しているのかが分かるわけです。ちなみに、今回の火事は昼間に起こったため、キーウィは巣の中で眠っていたため助かったそうです。

動物や自然を愛する国民のニュージーランドでは、こういう動物保護に対しての関心が高く、ニュースでもよく見ることができます。インターネットでも見ることができるので、興味がある方はチェックしてみてくださいね。
2010年02月23日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]