PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201001123140

ホワイト・ニュー・イヤー 〜 フランスワーホリ 〜

ホワイト・ニュー・イヤー 〜 フランスワーホリ 〜 1 ワーキングホリデー通信
パリから乗ったユーロスター
年末に、年越しをロンドンで過ごすため、ユーロスターに乗って、イギリスに行ってきました。ロンドンにはパリの北駅から約2時間30分で着きます。ただ、気をつけないといけないのは、ベルギーやドイツ等に行くときは特に出国手続きはありませんが、イギリスは出国手続きをしないといけないので、電車の出発30分前には駅に到着しないといけません。それ以降に手続きはできないので、気を付けてください。また、イギリスとフランスには時差が1時間あります。なので、それも気をつけないといけません。
ホワイト・ニュー・イヤー 〜 フランスワーホリ 〜 2 ワーキングホリデー通信
ビックベンに文字が♪
ロンドンの年越しのビックイベントは、ロンドンアイでの花火。私はたまたま友達とビックベンの前にきており、そしたらそこは人がいっぱい。もしかして、ここはいいポイント?と思い、そこで年越しすることにしました。ちょうどビックベンの150年記念か、ビックベンにも文字が映っていてとってもきれい。ただ、年越しまでの時間、とっても寒くて、凍えてました・・・。パリよりずっと寒いです。年越しを迎えるまで、ラジオがずっと大音量で流れており、周りの人たちは寒さもあってか、それにあわせてダンス!ダンス!!私もあまりの寒さに身体を動かさずにはいられませんでした。
そして、いよいよ年越しのカウントダウンがはじまり、年越しした瞬間、花火がいっぱい打ち上げられました。しかもカラフルでとっても素敵な雰囲気。10分ほど打ち上げられていたと思います。花火が終わったら、みんなで歌を。それは日本の「蛍の光」。英語では、「Auld Lang Syne」です。最初はゆっくりだったんですが、しばらくするとのりのりの蛍の光。私たちからしたら変なかんじですね(笑)
ホワイト・ニュー・イヤー 〜 フランスワーホリ 〜 3 ワーキングホリデー通信
新年の花火の様子。
すっごいいっぱい打ち上げられましたよ。
みんなで歌った後、「ハッピー・ニュー・イヤー」と言いあいました。なんと、その後、空から雪が♪そう、「ホワイト・ニュー・イヤー」です。私にとってははじめての経験でテンションは最高☆すてきな新年を迎えることができました。
最後になりましたが、みなさんにとって、今年一年、いい年でありますように。
2010年01月12日(火) written by みな from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]