PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200912043070

韓国人のありがとうの定義 〜 ワーホリ韓国 〜

韓国に来て、韓国人と接触する機会が増えていくにつれて、韓国人はあまり”ありがとう”と言わない、と感じてくると思います。

韓国では、家族同士や親しい友人の間で、”ありがとう”と言うのは、他人行儀のようで、水くさいと考えるそうです。日本では「親しき仲にも礼儀あり」
と言いますが、韓国では真逆のようです。
友達同士で、食事やコーヒーをご馳走してもらっても、ありがとうなんて言いません。だから、私も日本にいた感覚で、ちょっとしたことで”ありがとう”と言ってると、「”ありがとう”って言葉しかまだ知らないのね。」と笑われたこともあり、韓国人の友達に食事をごちそうしてもらったので、店を出た際に「ありがとうございました」と言いながら頭を下げると、ちょっと驚いた顔をされたこともあります。

こうやって、自分が”ありがとう”を、言い過ぎて不思議がられる分はいいのですが、その逆が日本人として何か腑に落ちない部分です。
年上の人に席を譲ったり、エレベーターのボタンを押してあげてても、そのままサラ〜っと、無言で何もなかったかの様に流されることがあります。
別に”ありがとう”と言われたくて、親切にしてる訳ではないけど、それでも何も言葉が無いと日本人としては、何か物足りない。
そのうち、親切にするのがあほらしくなってくることもあります。

もちろん、ちゃんとお礼を言ってくれる人も居ますが、車の運転時となると、道を譲ってあげても日本でいうファザードをつけたり、
クラクションを軽く鳴らす等のお礼は一度も見たことありません。


「どうして、韓国はこうなんだろう?」と不思議に思っていたところ、
ちょうど韓国語の授業でそういう課題がでてきました。
ある外国人留学生も、この韓国文化を不思議に思っていたようで、「親切を受けても相手が年下であれば”ありがとう”と言わなくてもいい」と言うのは
ちょっとおかしいと言う話でした。

その時、韓国人の先生から聞いた話によると、なぜ”ありがとう”が少ないのかと言うと、韓国人は韓国と言う国を、一つの大きな家族と考えてるそうです。だから、本当の兄弟でもないのに、仲良くなれば年上の友達のことを血も繋がってないのに、お兄ちゃんや、お姉ちゃんと呼びます。

よって「家族同士で”ありがとう”なんて言うのは、よそよそしい」と言う考えで、そして年下の子は自分の息子や弟であるからして、”ありがとう”は、必要ないとなってしまうようです。
ですが、実際、「自分は年上だから”ありがとう”は必要ない」という考えは、少し韓国の保守的な考えであり、これから先進国と並んでいく国としては、「年齢は関係なく”ありがとう”は言うべきだ!」という考えが増えてきているそうです。
そうなると、私達外国人も、この韓国が、もっと住みやすくなりそうですね。

2009年12月04日(金) written by SEOYUKI from (韓国)
Comment(1)


韓国関連の記事

この記事へのコメント

ai 2016/09/18/15:41
なるほど、「親しい間柄だから」だったのですね。
ずっと違和感で、ちょっと不快に感じていたのですが、納得することが出来、救われました。
ありがとうございました♪

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]