PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200911033026

ちょっと足を延ばしてNZでフランス風を楽しもう! 〜 ワーホリ生活 〜

ちょっと足を延ばしてNZでフランス風を楽しもう! 〜 ワーホリ生活 〜 1 ワーキングホリデー通信
フランス風の建物が立ち並ぶアカロア。
 クライストチャーチから南東に1時間行くと、バンクスペニンシュラ(半島)の「アカロア」という素敵な町があります。そのアカロアはニュージーランドでは珍しくフランス風の町並み。というのも、フランス人の入植者によって発展した町なのです。そこで今回は、毎年一度盛大に行われる(今年は10月2日(金)・3日(土))、「Akaroa French Festival」の様子をお伝えします。
ちょっと足を延ばしてNZでフランス風を楽しもう! 〜 ワーホリ生活 〜 2 ワーキングホリデー通信
奇抜な格好をしたフラフープお姉さん。
私が行ったのは最終日。
10時過ぎに到着したのですが、こじんまりとした町が今日だけは人だかりで、通常はガラガラの路上駐車もこの日だけはなかなか見つけることが出来ませんでした。
会場に到着すると、甘いデザートの香りのワッフルやクレープやいろんな美味しそうなパンが並んでいました。やっぱりフランスと言えばクレープでしょとチョコクレープを購入。会場中央では、ミニクリケットが行われて大盛り上がり。それを囲むようにいろんな大道芸人のショーが繰り広げられます。フラフープのお姉さんは、お客さんを巻き込んでいろんな芸を見せてくれました。
ちょっと足を延ばしてNZでフランス風を楽しもう! 〜 ワーホリ生活 〜 3 ワーキングホリデー通信
フランスから来た大道芸人。逆立ち芸らしいです。
来場しているお客さんもフレンチ風の格好の人が多く、あまり飾らないクライストチャーチのお祭りと違いとてもおしゃれな空間でした。午後からはフレンチパレードが行われ、フランスの衣装の鼓笛隊やフランスのビンテージカーがメインロードを通るイベントも迫力がありました。
特に私が気に入ったのは、町を回るトローリーバス。かわいい町並みや海辺を通る10分ほどのツアーで町を一周できます。
ちょっと足を延ばしてNZでフランス風を楽しもう! 〜 ワーホリ生活 〜 4 ワーキングホリデー通信
フレンチパレードのビンテージカー
その他、有名なアカロアドルフィンウォッチングやカヌーなどで楽しんだり、カフェで友達・家族・恋人達とくつろいだり、フリーマーケットでお買い物をしたりとそれぞれの人なりの楽しみ方を見ることが出来ました。
クライストチャーチと言えばイギリス調ですが、ちょっと足を延ばしてプチフランスも味わってみましょう。
2009年11月03日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]