PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200909082951

NZ式サファリパーク「オラナパーク」  〜 ワーホリニュージーランド 〜

NZ式サファリパーク「オラナパーク」  〜 ワーホリニュージーランド 〜 1 ワーキングホリデー通信
こんな近くでキリンに餌付けが出来ます。
 先日クライストチャーチにある、「オラナパーク」と言うところに行ってきました。日本でいうサファリパークと動物園の間と説明すればいいでしょうか。
NZ式サファリパーク「オラナパーク」  〜 ワーホリニュージーランド 〜 2 ワーキングホリデー通信
ドンキーが園内を散歩していました。
そこには、動物園にいるような基本的な動物、ライオン、チーター、タイガー、キリン、サイはもちろんのこと、とっても愛嬌があるミーアキャットやお約束の羊やKiwiバードもいます。(残念ながらゾウはいませんでしたが・・)
華々しい感じはありませんが、敷地面積は80ヘクタールととても広く、日本の動物園のように、檻に入れられている見せ物風の感じは全くない、広い草原の中にの〜んびり生活してるほのぼした感じがありました。
私達をまず迎えてくれたのは、世界一声が大きいといわれているサル。駐車場に車を停めた瞬間に、パーク内からスピーカーから流れてきてるんじゃないかと思うくらいの大音量の叫び声が響いていました。

NZ式サファリパーク「オラナパーク」  〜 ワーホリニュージーランド 〜 3 ワーキングホリデー通信
一つ一つの動きがキュート!ミーアキャット。
見せ場は、Feeding Time(餌付けタイム)。
私が行ったときにはちょうどキリンの餌付けをやっていて、スタッフの人たちから渡してもらう小枝を持ってかなり間近でキリンに餌をあげることが出来ました。
広い敷地内を歩きつかれたなと思ったら、無料のシャトルバスに乗りましょう。要所にバスストップがあり、ドライバーの案内も聞くことが出来ます。
さらにピクニックエリアもたくさんあり、BBQスペースは無料。BBQセット(ガスも含む)が無料で開放されています。(なんて親切なんでしょう!)友達みんなでランチを楽しみました。
NZ式サファリパーク「オラナパーク」  〜 ワーホリニュージーランド 〜 4 ワーキングホリデー通信
・チーターの赤ちゃん。
お金を出せば餌付けも出来ます。
ちなみに、年間パスもあり、年間パスを持っているファミリーでにぎわっていました。2回分で元が取れるので、動物好きは絶対年パスがお徳です。
この見ごたえありのオラナパーク、ぜひオススメです。ぜひFeeding Timeをチェックして自分の好きな動物に間近で餌付けしてみてくださいね。
2009年09月08日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]