PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200908182927

卒業生はマウンティーに!RCMPアカデミー見学 〜 ワーホリカナダ 〜

卒業生はマウンティーに!RCMPアカデミー見学 〜 ワーホリカナダ 〜 1 ワーキングホリデー通信
RCMPヘリテージ・センター
入り口に立つ「マウンティー・ベア」
最近、サスカチュワン州のレジャイナという街にある「RCMPアカデミー」に行く機会がありました。「RCMP」とは「王室カナダ騎馬警察(Royal Canadian Mounted Police )」 の略。日本の方で「RCMP」という存在は知らなくても、カナダ土産で有名な“赤い制服&茶色のカウボーイハットのようなステットソン帽”を身にまとったヌイグルミを目にした事がある方は、とても多いのではないかと思います。この衣装はRCMP警官(愛称;マウンティー(Mountie)の制服としてあまりに有名ですよね。今回は、RCMPとトレーニング・アカデミー見学についてお話したいと思います。
カナダには大きく分けて3種(連邦/州/大都市)の警察機関が存在するのですが、RCMPはカナダの連邦警察であり、3種類の警察機関の中では最大・最高位となる警察機関です(ちなみにバンクーバー市はRCMPの管轄ではなく「バンクーバー警察(Vancouver Police Department)」の、そしてウェスト・バンクーバー市は「ウェスト・バンクーバー警察(West Vancouver Police Department)」の管轄下になります)。
卒業生はマウンティーに!RCMPアカデミー見学 〜 ワーホリカナダ 〜 2 ワーキングホリデー通信
RCMPの歴代の制服。
デザインは変わっても「赤」は変わらず。
RCMPはカナダの警察機関では歴史が最も古く、1873年にRCMPの前身となる北西騎馬警察(North West Mounted Police)がアルバータ州とサスカチュワン州に設立されたのが起源。その後、様々な活動やその他の警察機関との合併を経て、1920年に現在の「RCMP」という名称に変わりました。 現在は本部はカナダの首都オタワへと移されましたが、マウンティー候補生達のトレーニングは今現在もサスカチュワン州レジャイナで行われています。その理由としては、レジャイナは元々「カナダ、ノース・ウェスト・テリトリーの首都であり、RCMP発祥の伝統の地でもある」という事が、今現在もレジャイナがマウンティー候補生達のトレーニング地とされている理由なのだそうです。この地で、訓練生達は半年間、RCMP警官になる為の訓練を受ける事になります。
卒業生はマウンティーに!RCMPアカデミー見学 〜 ワーホリカナダ 〜 3 ワーキングホリデー通信
行進訓練中の訓練生達。表情が真剣!
今回私が訪れた「RCMPアカデミー」はレジャイナ市中央からやや西、レジャイナ空港の近くに位置します。アカデミーはRCMPの歴史が学べる「RCMPヘリテージ・センター」と同じ敷地内にあるので、まずはヘリテージ・センターにて入場料を支払い、それからアカデミー・ツアーに申し込みをします。ツアーが始まるまでの間、私はヘリテージ・センター内を見学。RCMPの前身NWMP設立の時代から現在のRCMPに至るまでの歴史が、現存する当時の品々や写真でとても分かりやすく紹介されています。意外だったのは、観光客同様、訓練生達も沢山センター内の見学をしていた事。コスプレ・コーナーもあり、マウンティーの制服を着る事が出来るので子供達に大人気でした。
卒業生はマウンティーに!RCMPアカデミー見学 〜 ワーホリカナダ 〜 4 ワーキングホリデー通信
職務質問の訓練中。この後、
車に乗っていた人は「逮捕」されました。
そうして待ちに待った「アカデミー・ツアー」がスタート!まず最初に入った建物内にて、訓練生達による行進訓練が行われていました。実はこの訓練、つい最近一般公開されるようになったとの事で、少し前までは未公開とされていた訓練だったそうです。訓練生達の真剣な表情が印象的でした。そしてアカデミー敷地内の所々では“職務質問”の訓練も行われていました。このような訓練を見るのはちょっと意外でしたが、考えてみれば、命に関わる重要な訓練ですよね。そして殉職者全員の名が刻まれた記念碑や、二人のマウンティーの姿がステンドガラスに描かれた教会を観て回りました。トータルで30分ほどのツアーでしたが、訓練生達のトレーニングが生で観る事が出来、なかなか面白かったです。バンクーバーに戻ってきてからというもの、RCMP警官を見ると「ああ、あの人もあのアカデミーで訓練を受けたんだなあ」といつも思ってしまう私です。
2009年08月18日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]