PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200908112918

アートフェスティバル in クライストチャーチ 〜 ワーホリニュージーランド 〜

アートフェスティバル in クライストチャーチ 〜 ワーホリニュージーランド 〜 1 ワーキングホリデー通信
大聖堂前に設置された「Winter Garden」
8月に入り、クライストチャーチは、霜が降りる日も徐々に少なくなってきて、春の気配を感じられるようになってきました。
先日は、梅の花を発見!長い冬ももうすぐ終わろうとしています。
今回は、そんなクライストチャーチから、2年に一度行われる「アートフェスティバル」の様子をお伝えします。
アートフェスティバル in クライストチャーチ 〜 ワーホリニュージーランド 〜 2 ワーキングホリデー通信
一般人も滑れる即席のスケートリンク
会場となるのは、クライストチャーチのシンボル的存在の大聖堂広場、アートセンターや美術館、博物館、劇場、そして街中のストリートなどCityの中心がほとんどで、お昼から夜遅くまで様々なイベントが行われます。演劇やオーケストラの演奏、フルートやギターの楽器系のショーは人気で、その中でもウクレレバンドのチケットは即売。その他、ジャズ、子供のためのアニメ上映など・・。
日ごろはあまり感じないアーティスティックな街に大変身する2週間。
NZ国内はもちろんのこと、世界中から集まったアーティストの芸を堪能できます。
今年は、2年前よりも盛大で、大聖堂広場では即席のアイスリンクドームが出来上がりました。もちろん、一般人もすべることが出来ます。
最近は晴れる日も多く、日中は暖かくなり、もともと外に出たがりなクライストチャーチの人々で大盛況でした。
アートフェスティバル in クライストチャーチ 〜 ワーホリニュージーランド 〜 3 ワーキングホリデー通信
毎日大盛況のイベント会場前
このアートフェスティバルと同じ頃に行われるのが、Christchurch International Film Festival。これは毎年行われるのですが、この時だけは映画館で日本の映画を見ることが出来るのです。今年、来NZした映画は、「崖の上のポニョ」、「おくりびと」。英語字幕もあるので、日本や日本語に興味があるKIWIの友達も楽しんでいました。中国からの映画は、「レッドクリフ」。この映画はKIWIにも注目されていました。でも、歴史的なことも多く、ちょっと難しかったようですが・・。
この二つのイベントは、本当に見ごたえがあるものです。
寒い冬を吹き飛ばしてくれるイベントですね!
2009年08月11日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]