PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200907212887

インスタント麺は日本の文化 〜 ワーホリフランス 〜

インスタント麺は日本の文化 〜 ワーホリフランス 〜
カップめんの定番、日清カップヌードル。
右はアジア生産の輸出バージョン。
左はヨーロッパ生産の
フランス向け商品で製品名も違います。
いまや和食は世界で認知されたおいしくオシャレな料理ですが、当然のことフランスでも結構な人気です。ひところは日本料理といえば寿司、刺身、焼き鳥の3点セットでしたが、日本で言うところの創作料理というか無国籍料理のようなカタチに昇華されたものが増えています。
一方では麺類も結構な人気のようです。パリ、オペラ界隈の日本レストラン街といえば日本人観光客が寄りつくお食事ポイントのようなものでしたが、なかでも麺類、うどん、そば、ラーメンなどを供するお店では地元フランス人客がかなり増えているようです。お食事時には行列ができる店があるほど。

インスタント麺は日本の文化 〜 ワーホリフランス 〜
最近見かけるようになった新製品、
親方ラーメン。海外在住日本人にお届けする
なつかしの味がコンセプトのようです。
さて、麺類が日本の食文化ならその最先端にあるのがインスタントラーメンでしょう。大手メーカーが世界で製造する日本の大発明、日本の世界商品ですが、これがフランス人の家庭にまでようやく下りてきたのかもしれません。
モノとしては定番のカップヌードルと出前一丁のほかに数社のものが店頭で見られますが多くは現地生産です。日本直輸入のものには高値が付いています。世界商品がグローバルに調達される時代なので、アジア食材店ではときにアジア、アメリカ仕様の商品がみつかったり。
2009年07月21日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]