PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200906262853

パリの橋の下に 〜 ワーホリフランス 〜

パリの橋の下に 〜 ワーホリフランス 〜 1 ワーキングホリデー通信

パリを流れるセーヌ河には美しい橋が沢山あり、これらの橋は有名な絵画、映画、そして歌の歌詞に使用されている。美しいパリの景観、そしてパリの歴史を語る上でこれらの橋は必要不可欠であるということは言うまでもない。

その中でもパリの橋の中で最も美しいとも評される橋「アレクサンドル3世橋」がある。パリの景観を壊さないなどの厳密な条件の下、1900年のパリ万国博覧会に合わせてニコライ二世によって建設されたものである。観光スポットとしても有名な橋であるため、橋を見物に行ったことがある人は沢山いるだろう。

パリの橋の下に 〜 ワーホリフランス 〜 2 ワーキングホリデー通信

しかし、その橋の下に何があるかというのはあまり知られていないだろう。
実は意外にも若者に人気のクラブがあるのだ。先日友人からの誘いで、この「アレクサンドル3世橋」の下にあるクラブで行われた音楽コンクール(ジャンルはポップ、ロック、ワールド)に足を運ぶ機会があった。その中のデザインをとっても、橋の下を有効的に活用するアイディアそのものをとっても、素晴らしいものであった。

パリの橋の下に 〜 ワーホリフランス 〜 3 ワーキングホリデー通信

ふと日本では橋の下がどのように利用されているかと考えてみた。あまり綺麗なイメージのものは思いつかない。それにしても、常に調和を念頭において造られた美しい都市、パリは今もなお着実に進化を遂げている。
しかし、それは決して建物そのものを新しくするということではなく、まずは古い建物を見直し、それらを有効活用するという環境にもヒトにも優しいことなのである。
2009年06月26日(金) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]