PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200905222805

ヨーロッパ旅行の参考になるかも?ダブリンは一番「フレンドリー」な街!

ヨーロッパ旅行の参考になるかも?ダブリンは一番「フレンドリー」な街! 1 ワーキングホリデー通信
いつも観光客や買い物客でにぎわう、
ダブリンのグラフトンストリート。
 色んな国&地域への旅行に最適の季節がそろそろやってきましたね(アイルランドはまだちょっと寒いですが……)!
 2週間ほど前、旅行関連のウェブサイト『Tripadvisor』が、2,400人の旅行者たちからの情報を元に、ヨーロッパの主要な都市に関する長所・短所を発表していました。いろんな意味でユニークだと思ったので、ここでもちらっとかいつまんでご紹介します。

 まず個人的に嬉しかったのは、ダブリンが“フレンドリー”な街の1位にランクインされたこと。首都といえば、色んな国や地方から人々が集まってくるため、どうしても個人主義になりやすく、他地域に比べて冷たい印象を受けがち。
 私自身の体験ですが、以前ダブリンに数日滞在した際、色々と現地の人々に良くしてもらいました。親切にしてくれたのは地元アイリッシュの人だったり、ダブリン在住の外国人だったり様々ですが、それまで苦手意識を持っていたダブリンのことが、それからは好きになりました(←単純すぎる?)。

 お隣イギリスの首都ロンドンは、ナイトライフや広い公園、無料の観光施設(博物館など)が一番充実していると高評価されていて、やはりさすが英国の首都という感じです。
 ロンドン同様いつも観光客でにぎわうパリは、“食事が一番美味な街” “ドレスセンスがいい街”で堂々の1位に輝きました。
 “最もロマンチックな都市”はベネチア(イタリア)とパリが1位。確かにこの両都市、ロマンチックなイメージが大きいですよね。“一番クリーンな街”はデンマークのコペンハーゲンが1位でした。

 再びダブリンの話に戻しますと、あまりよろしくないカテゴリーでランクインしてしまったものが3つほどあります。それは“期待はずれな街”と“つまんない街”、そして“人々のドレスセンスが悪い街”。
 確かにロンドンやパリに比べたら娯楽が少ない、というのもあるでしょうが、観光していても、現地の人々と気楽に交流できたりして、あたかもその地に在住しているような気になれる雰囲気なんかが、アイルランドの良さだと私は思うのですが……。それにしても“ドレスセンスが悪い”ってそれぐらい放っておいてあげてくだサイ(笑)。
 ちなみに“ドレスセンスが一番悪い国”ワースト1位はロンドンだったそうです。

 最後に“意外に見所満載な街”はクラコフ(ポーランド)が1位。私はまだ訪れたことがないのですが、クラコフへ行ったことがある人は皆「とても良かったよ!オススメ!」と言っていたので、信憑性がありそうです。2位はベルギーのブリュージュ、3位はイギリスのエジンバラでした。

 さて、上記のサーベイがこれからヨーロッパを色々旅しよう!と思っている方のお役に立ちますかどうか――。
2009年05月22日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(2)


アイルランド関連の記事

この記事へのコメント

Uisce 2009/06/24/22:11
シュミッシュさん、コメントありがとうございます!お返事送れてごめんなさい。
ブリュージュ、私は行ったことがないのですが、親しい友人が行って「すごくいい町だった!」と言っていました。私も行ってみたい場所の一つです。
情報が少しでもお役に立てればとてもうれしいです♪

シュミッシュ  HOME 2009/06/09/16:57
参考になりました。に一票です!!
個人的な意見としてはベルギーのブリュージュに興味あり、ヨーロッパに行く機会があれば是非とも行ってみたいところです。(私の周りでもすっごく評判がいいんです!)
こういう情報は非常に有難くじっくりと読ませてもらいました。有難うございます☆

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]