PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200904102737

アイルランド英語は「英語」にあらず? 〜 ワーホリ生活 〜

 アイルランドでのワーホリ生活を決めた理由の一つとして、「英語力アップ」を挙げられる方は多いのではないかと思います。そして渡愛後に、あまりに分からないその“アイリッシュ英語”に愕然とさせられた人も、やはり少なからずいるのではないでしょうか。

 日本の中学・高校などで教えられるのは、主にアメリカ英語なのですが、アイルランドで使われる表現や物の名前、発音なんかは米語のそれとかなり異なります。それゆえ「人々が話している英語がちっとも分からない・・・」と落ち込んでしまったりするかもしれません。でも、分からないのが“当然”であり、至極まともなことであると私は思っています。

 私自身アイルランドに初めて来た時は、英語をすでに話せたという自負もあり、コミュニケーションにも自信があったのですが、当時在住していた小さな漁村での生活はかなり大変でした。アイリッシュ英語に慣れていないのに加え、村人たちの訛りは都市部よりも更に強く、ここの人たちが英語を喋ってるのかアイルランド語を喋っているのか区別がつかなかったほどです(苦笑)。
土地柄、若者はほとんど住んでおらず、中高年の在住者が多かったのもその理由だったのでしょう。

 一般的に、アイルランドで使用される英語の語彙やイディオムなどは、イギリス英語に準ずるものがあると思いますが、発音はイギリスのものとはまた違っており、「R」の発音がもっとはっきり巻き舌で発音されたり、「TH」が「T」の音に聞こえたり、「D」が「SH」に近い音になったりとユニークです。

 アイルランド語から派生していった独特の表現もたくさんあるため、在住アメリカ人やイギリス人もコミュニケーションにとまどうことが多々あるそうです。逆にイギリス人などの発音がアイルランド人に通じないこともありえます。

 更にアイルランドでは「標準語」というものが特にありません。首都ダブリンにはもちろん『ダブリンアクセント』が存在していますし、南部のコークアクセントは「歌うようなアクセント」と茶化されたりします。リムリックだって立派に『リムリックアクセント』がある上、その中でも『東部リムリックアクセント』などと同州内でも地域によって訛りが分かれていたりもするので、面白いです。

 ですから、アイルランドで「なかなか英語が上達しない!」「人が言ってることが分からない」と不安にならないでくださいね!英語が母語のイギリス人やアメリカ人すら、手ごわい(?)アイリッシュ英語に悩んでいるのですから。
2009年04月10日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]