PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200902242678

夏の夜を彩る!ランタンフェスティバル 〜 ワーホリニュージーランド 〜

夏の夜を彩る!ランタンフェスティバル 〜 ワーホリニュージーランド 〜 1 ワーキングホリデー通信
ビクトリアスクエアに群がる、人・人・人!
移民が多いニュージーランドでも、特に中国系移民の多さに驚かされます。
一言で中国系といっても、中国本土、台湾、香港、シンガポール、マレーシアなど出身地は様々ですが、ほとんどの中国系の人たちは1月1日のニューイヤーではなく、1月26日(毎年日にちは違います)のチャイニーズニューイヤーを盛大に祝います。
そのお祝いの1つとして毎年煌びやかに行われる、Christchurchのランタンフェスティバルを紹介します。
夏の夜を彩る!ランタンフェスティバル 〜 ワーホリニュージーランド 〜 2 ワーキングホリデー通信
とってもかわいい動物などのランタン
このランタンフェスティバルが行われるのは、決まってビクトリアスクエアという広場。この広場に、歩けないくらいの人たちが集まります。もちろん中国系の人も多いのですが、地元KIWI達もダイナミックな出し物と、きれいなランタンを見るために来場し、年々人気が出ているお祭りです。
5時から10時まで行われるのですが、ランタンの光が灯されるのは7時過ぎ(日没は8時くらい)。明るい時間帯にはまだきれいなランタンは見られませんが、龍踊り、中国雑技、中国獅子舞など中国色豊かなイベントが繰り広げられます。

そして、私の一番の楽しみは、「屋台」!中華系の屋台と言っても、中国本土の中でも四川風や広州風でも味は全く違います。屋台なので、本格的な味かと言われると???ですが、たくさんの屋台を物色しながら美味しいものを選ぶのはとても楽しいものです。

夏の夜を彩る!ランタンフェスティバル 〜 ワーホリニュージーランド 〜 3 ワーキングホリデー通信
NZらしく羊と牛のランタンも!
さらに、9時を過ぎてもまだまだたくさんの人で賑わいますが、これも毎年恒例ではありますが、その時間から中国人によるカラオケ大会が始まります。プロではない素人が歌うわけですが、なぜかそこで歌う人の歌唱力には耳をふさぎたくなるものがあるのです・・。もちろん辞めて!というわけにも行かず、その頃には帰る時間かなと思いそそくさと帰路へ急ぐのでした。
歌はともかくとして・・、芸あり食ありのランタンフェスティバルはとってもオススメなイベントです。
2009年02月24日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]