PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200902132664

サニタリーな一品 〜 ワーホリドイツ 〜

サニタリーな一品 〜 ワーホリドイツ 〜 1 ワーキングホリデー通信
シルクベールタイプ(Pro Comfort)は
使い心地もsehr gut
今回のテーマは男性の方には全く無縁のものです。(男性の読者のみなさますいません)
そう、女性のみなさんなら妊娠中の方以外、誰しもが毎月悩まされる生理。無ければどんなにラクかと思いつつ、でも無いとそれはそれで心配になってしまうというなんともニクいヤツですよね。でも私はドイツで生活してコレに出会ってからほんの少し不快感から解放させてもらってます(笑)
日本ではシートタイプ(ナプキン)が主流でタンポン愛用者というのは少なく店頭でも脇のほうに追いやられてしかも種類も少なく割高な感じですが、ドイツに限らず欧米の女性は大半がタンポン(フィンガータイプ)利用。そのせいもあってかタンポンは種類が豊富でしかも“いい仕事”してくれます!(逆にシートタイプは黒い下着用に黒色とかそれなりに幅はあるのですが、箱に直に入ってて“えっ…”と思ってしまったり日本のに比べたら雑な仕上がり、、)
そう考えると日本はとても衛生面にきっちりしていてタンポンもアプリケーター式がメインといった形ですが、ある時知人(ドイツ在住オーストラリア人)が生理用品を買うと言うので同行した時、「アプリケーターねぇ、、なんかしっくりこないなぁ。ナプキンはゴワゴワしてどうも気持ち悪いよぉ〜」と言ってました。
“そうなんだぁ”とその時思ったのですが、今となってはそんな自分も彼女の意見に賛成派にw

日本のフィンガータイプ・タンポンみたく1個1個に指サックなんて付いてませんが、それでもタンポンの質の高さが日本製より勝ってる、プラス多い日〜少ない日まで5段階くらいの豊富なラインナップ☆ ドイツ生活スタートのアカツキにサニタリーライフも心機一転切り替えてみてはいかがでしょうか?
2009年02月13日(金) written by mosch from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]