PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200902032652

日本とは逆!カナダのバレンタイン・デー 〜 ワーホリ生活 〜

日本とは逆!カナダのバレンタイン・デー 〜 ワーホリ生活 〜 1 ワーキングホリデー通信

旧正月が終り、お祭りムードも収まってきた今日この頃ですが、なんだかやけにスーパーの店内やお店のショーウィンドウが赤やピンクで色付いてきました。そう、2月といえば「あのイベント」が待ち構えていますよね。その「イベント」とは勿論、バレンタイン・デー!カナダも現在、バレンタイン商戦の真っ只中で、お店の至る所にバレンタイン関連グッズが並べられています。というわけで、今回は日本とは一味違ったカナダのバレンタインについてお話したいと思います。

日本のバレンタイン・デーといえば、「片思いをしている女性が、意中の男性にチョコレートを贈って愛を告白する日」となっていますよね。これはもう有名な話ですが、実はこれ、日本独特の習慣であり、欧米ではそういったバレンタイン・デーの習慣はありません。カナダでもチョコレートやクッキー、花束をバレンタイン・プレゼントにしたりしますが、それは主に「男性から女性へ贈る」というのが一般的なんです。ですからバレンタイン・デー当日など、街中の至る所で大きな花束やプレゼントを抱えて家路を急ぐ男性陣の姿を目にします。なかなか心温まる光景ですよ。

勿論、プレゼントを贈るのは男性ばかりではありません。女性だって、ちゃんとパートナーに贈り物を用意します。クッキーやチョコレートといったスイーツに加え、何か一品、彼の好きな物を・・・といった感じでしょうか。そして夜には家やレストランでバレンタイン・ディナーを楽しむようです。印象で言えば、カナダのバレンタイン・デーはどちらかというと、カップルでない者同士が「愛を告白する日」というより、カップル同士が「愛を再確認しあう日」といった印象の方が強いですね。

そうそう、カナダにも日本でいうところの「義理チョコ」に近い「義理バレンタイン・ギフト」なるものが存在します。いえ、「義理」というより「ありがとうギフト」という方が正しいかも・・・。日頃お世話になっている上司へ部下から、学校の先生に生徒(もしくは親)から、小さなバレンタイン・ギフトを贈る事がよくあるそうです。この辺は日本もカナダも似ているかもしれませんね。

カナダのバレンタインもいいと思うのですが、私は日本のバレンタインのほうが独創性があっていいと思います。普段は勇気が無くて出来ない告白。だけどチョコレートをただ渡す事で、相手に想いを伝える事が出来る唯一の日。いいじゃないですか、ロマンチックで!意中の人がいる方、今年のバレンタイン・デーで相手に想いが届くといいですね。
2009年02月03日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(1)


カナダ関連の記事

この記事へのコメント

萌音 2014/02/08/15:30
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]