PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200812092573

クリスマス・ライトを見に出かけよう! 〜 ワーホリカナダ 〜

クリスマス・ライトを見に出かけよう! 〜 ワーホリカナダ 〜 1 ワーキングホリデー通信
スタンレーパークのイベント会場入り口
 12月に入り、クリスマス・ムードが最高潮になっているカナダ。週末にはクリスマス・ショッピングをする人々で街やお店が賑わい、日本の暦でいう『師走』の感を呈してきました。私に関しては今回、引越しも重なり「師走」だけでは言い足りない位の慌しさです!そんな慌しさの中ではありますが、毎年各地で行われる『クリスマス・ライト』は見逃せません。そんな訳で、今回はバンクーバーのクリスマス・ライトを御紹介したいと思います。
クリスマス・ライトを見に出かけよう! 〜 ワーホリカナダ 〜 2 ワーキングホリデー通信
散策コースの途中である電飾。
まずはバンクーバー・ダウンタウンにある自然公園スタンレー・パークで行われる『Bright Nights in Stanley Park』。今年は11月28日から来年の1月3日まで開催されます(12月25日を除く)。この期間中、広大なスタンレーパークの一部を1万個以上のクリスマス・ライトが美しく彩ります。ここの目玉はクリスマス・ライトのみならず、電飾で飾られた公園内を周遊するミニチュア・トレイン『Bright Nights Train』。親子やカップルに大人気で、早めに予約をしておかないと2時間〜4時間待ちが当たり前の超人気トレインです。入場料は基本的には無料ですが、私は毎回、入り口で4ドルほどの寄付金を払っています。そしてミニチュア・トレインと一部地域は有料(8ドル)ですので行かれる方はご注意を。
クリスマス・ライトを見に出かけよう! 〜 ワーホリカナダ 〜 3 ワーキングホリデー通信
植物園内の人工池周りの電飾。
お次はバンクーバー・ウェストサイドにあるヴァンデューセン・ボタニカル・ガーデンで行われる『Festival of Lights』。今年は12月5日から来年の1月4日まで開催されます(12月25日を除く)。昼間でも十分美しい植物園が、夜は電飾で更に美しく輝きます。こちらの目玉は、池周りの電飾が音楽に合わせて踊るように色が変わる『Dancing Lights』。公開時間が決まっているので、予め時間を確認してから行った方がいいです。この植物園内には『Shaughnessy』というレストランもあるので、光り輝く夜の公園を望みながらロマンチック・ディナー、なんていうのもいいかもしれません(要予約)。ちなみにこちらの植物園(イベント)への入場は有料(大人11ドル)なんですが、それを払ってでも見る価値アリです。
クリスマス・ライトを見に出かけよう! 〜 ワーホリカナダ 〜 4 ワーキングホリデー通信
『Dancing Lights』が行われる池回りの遊歩道。
こちらは少し趣向が異なりますが、バンクーバー・ダウンタウンにあるバンクーバーの“象徴”カナダ・プレイスでもクリスマス・ライト『Christmas at Canada Place』を行っています。こちらはカナダ・プレイスの目印でもある5つの帆にクリスマスをテーマにした映像が映し出されるもので、12月4日〜31日の午後6時〜午後10時の間に行われます。コール・ハーバーやスタンレー・パーク、ノース・ショアからだと綺麗に見えるようです。
今年の12月は「クリスマスなんてものがありましたっけ!?」な位に慌しくしている私ですが、これらのクリスマス・ライトを見て、しばしのクリスマス気分を味わいたいと思います。


●Bright Nights in Stanley Park
http://vancouver.ca/parks/events/brightnights/

●Festival of Lights
http://vancouver.ca/Parks/parks/vandusen/website/events/fol.htm

●Christmas at Canada Place
http://www.christmas.canadaplace.ca/christmas/
2008年12月09日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]