PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200811282560

市場で買い物をしよう  〜 ワーホリイギリス 〜

市場で買い物をしよう  〜 ワーホリイギリス 〜 1 ワーキングホリデー通信
カバードマーケットはオックスフォードの台所
新鮮でバリエーション豊かな食材を手に入れるなら、やはりスーパー・マーケットではなく専門店に行くことをお薦めします。加工した食品とは違う、産地直送のオーガニック・フードは味もさることながら健康にも良いことは間違いありません。
オックスフォードには、そんなグルメたちがこぞって買い出しに出かける世界的にも有名な市場があります。1774年に創業して以来、現在に至るまでオックスフォード市民の台所となっているカバード・マーケット(屋内市場)は、八百屋さんや鮮魚、精肉、チーズ、パスタ、サンドウィッチなどを扱う専門店のほか、ハンド・メンドの帽子や革製品、靴などの専門店が集まっており、毎日大変な賑わいをみせています。

市場で買い物をしよう  〜 ワーホリイギリス 〜 2 ワーキングホリデー通信
新鮮な野菜を売る八百屋さん
歴史あるカバード・マーケットで販売されている食材の新鮮さは実に徹底されたもので、解体されたばかりの鶏やイノシシ、ウサギなどが精肉店の店頭にぶら下がっているという、見慣れていないと一瞬たじろいでしまいそうな光景もお馴染みとなっています。月曜日から土曜日まで毎日朝の8時半から5時半まで営業していますが、午後4時頃までには、精肉店や鮮魚店を中心に品切れ状態となってしまうので、早目にお買い物を済ませておいた方が良さそうですね。 
昔と変わらぬ活気をそのままに、食材の持つ新鮮な香りや売り子さんとのやりとりを楽しめるカバード・マーケット。小腹がすいたら市場内のクッキーやサンドウィッチ店で手軽に食事を済ませておいて、様々な食材や商品を見て回るだけでも特別な経験をした気分になれるかもしれません。
2008年11月28日(金) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]