PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200811112537

カナダの洗濯事情 〜 ワーホリカナダ 〜

カナダの洗濯事情 〜 ワーホリカナダ 〜 1 ワーキングホリデー通信
私のアパートのランドリールーム。
洗濯機が3台、乾燥機が4台あります。
 珍しく秋晴れが続いた10月も終りを告げ、本格的な雨季となる11月となりました。雨季というだけあって、カナダ西海岸地方は連日雨に見舞われています。日本では雨季(梅雨)といえば「洗濯物が乾かない季節」として「雨=洗濯物」と連想しがちですが、カナダではあまり雨季と洗濯物が関連付けされる事はありません。何故でしょうか?今回はそんなカナダの洗濯事情についてお話したいと思います。
カナダの洗濯事情 〜 ワーホリカナダ 〜 2 ワーキングホリデー通信
うちのアパートの洗濯代は1台につき2ドル。
ここにお金を挿して、ガチャン!と押し込みます
カナダの家庭では日本の家庭以上に『衣類乾燥機』が普及しており、「乾燥機が無い家はまず無い」と言ってもいいほどの普及率です。それはきっと、カナダは「天候が悪い日が多い」事と、日本では当たり前の「外干しの文化が無い」からだと思います。アパート等では外観を落とす等の理由でバルコニーに洗濯物を干す事を禁止していますし、一戸建ての家庭では極まれに庭に洗濯物を干している家庭を見かけますが本当にまれで、大抵の家庭は夫婦共働きという事もあり、時間節約のため乾燥機を使用しています。なので、雨季になって外が連日雨になろうと、連日雪になろうと、洗濯物に関しては一切差し支えがないんですね。
それでは一戸建てではない、アパートの洗濯事情はどうなのでしょう?

カナダのアパートでは、日本のアパートのように『各自の部屋に洗濯機&乾燥機を設置する』という事は出来ません。極わずかでそれを許可しているアパートもあるようですが、大抵のアパートでは水漏れ等の危惧が発生する為、洗濯機の個人所有を許可していません。ではどうやってアパート住人は洗濯をするのかと言いますと、アパートにあるランドリー・ルームに設置された洗濯機&乾燥機をアパートの全住人でシェアする事になります。しかしこれらは全て有料で、1台の使用につき1〜2ドルの料金がかかります。アパート内に『コインランドリー』があるようなもの、といえば分かり易いでしょうか。私のアパートの洗濯機&乾燥機の使用料はそれぞれが2ドル。1ドルコインしか使えないので、洗濯できる分の1ドルコインを作るためにスーパーで両替してもらったり、わざわざ銀行に赴いたりと、洗濯のための小銭作りに毎回苦労してます。

カナダの洗濯事情 〜 ワーホリカナダ 〜 3 ワーキングホリデー通信
乾燥機についたネット。
使用後はこのネットに付いたゴミを
必ず次の人の為に取りましょう!
カナダの洗濯機&乾燥機は結構パワフルで、デリケート素材の服とかだとすぐにダメになってしまいます。大切に着たい服に関しては、手洗い、もしくは乾燥機は避けて部屋干し、という風にしたほうが良さそうですね。あと、乾燥機使用後にネット内に溜まる綿埃のゴミがあるのですが、このゴミは次の人の為に必ず取ってネットを綺麗な状態にしておく事がランドリールームを使う際のエチケットとされています。たま〜にネットの掃除をしない人も居るのですが、その点は見習わず、常に次の人の事を考え、ランドリールームを綺麗にシェアしたいものですね。
2008年11月11日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]