PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200809022452

ネット上の「おいし過ぎる物件」には御用心! 〜 ワーホリ カナダ 〜

9月に入り、すっかり肌寒くなったバンクーバーです。この時期にまだまだ暑い日本から来て、カナダでの生活をスタートさせた人々はこの肌寒さに驚いてるのではないでしょうか。私は早くも長袖生活に突入しています。

さて、皆さんはカナダでも日本同様、インターネットを使って色々な情報を得ていると思います。例えば住居探し。ネットでの住居探しはとても便利なのですが、そんな中にも落とし穴は勿論あります。というわけで、今回は『ネットでの住居探しの注意点』についてお話したいと思います。

住居探しにフリーペーパーや日本語情報誌を使っている方が多いと思いますが、最近は巨大地域情報サイト『Craigslist』を使って住居探しをしている方も多いようです。この『Craigslist』とは、地域限定の不動産情報から売買情報、求人情報、恋人探し等など色々なジャンルが検索できる有名サイトで、正しく使えばかなり便利です。が、「詐欺情報」が多く載っている事でも有名なので、使用には注意が必要。特にクラシファイドには沢山の“偽物件”が載っています。例えばこんな見出しの物件。

『500ドル 家具付き2ベッドルーム イェールタウン・コンド ガス暖炉 ペットOK 個人用ウォッシャー&ドライヤー完備』

こういった誰もが飛びつきそうな“おいし過ぎる物件”はまず偽物件です。バンクーバーに暫く住んでみれば「こんな物件、あり得ない!」と安易に偽物件と判断できるのですが、引っ越してきたばかりでバンクーバー地域の物件価格をよく知らない人は飛びついてしまうでしょう。試しに「もっと情報を」と物件主にメールを送ると、必ず

「自分は今、仕事の都合で家族と一緒に西アフリカに住んでいます。この物件を是非あなたに貸したいので、下記のフォームにあなたの情報を書いて早急に返信してください。そしてデポジット(敷金)をこちらが指定する口座に振り込んでください。振込みが確認できたら物件の鍵をあなたに郵送します」

というメールが返ってきます。その他複数の偽物件にメールをしても、ほぼ同じ内容のメールが返ってくるそうで(特に“西アフリカ”がポイント)、Craigslistユーザーの間ではかなり有名です。なので、もしこのようなメールが返信されてきたら、絶対にお金を振り込んだりしないで下さい(勿論、鍵など一生送られて来ません)。偽物件は「内容がおいし過ぎる」というのが代表的な特徴ですが、「メール以外、電話番号等の連絡先が一切ない」というのも特徴。偽物件に限らず、相手と直接話が出来る連絡先が載っていない物件は無視するのが一番です。

ネット生活、正しい情報さえ選んで活用できれば、これほど便利な物はありません。そしてネットに限らず、自分の身を守る為にも「おいし過ぎる話」には十分気をつけて、安全で快適な生活を送りたいものですね。
2008年09月02日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]