PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200807042361

時間に追われたくない?  〜 ワーホリ ドイツ 〜

時間に追われたくない?  〜 ワーホリ ドイツ 〜 1 ワーキングホリデー通信
チックタックチックタック...
この音が耳障りと思われるのか、、
家の中に掛け/置き時計・目覚まし時計があるのが当たり前に過ごして来た私達日本人ですが、ドイツの家にはあまり置かれていません。列車の時間が遅れたり、待ち合わせ時間に合わせて準備をする私達を裏目に遅れてくるドイツの知人がいたりするから、「郷に入れば郷に従え」で多少こちらも生活していくにつれ遅刻ぎみにだんだんなってくるものの、やっぱり時計がないと私たち日本人にとっては少しストレスに感じることもあります。
ワーホリに行ってから家も見つかり“さぁ、部屋のレイアウトをしよう!”とした時に掛け時計をと思いお店に行くのですが、安くてカワイイものが意外とないことに気付きました。私の場合は個人的に目覚まし時計は日本で使い慣れてたものを持参していってたのでそれに関しては問題なかったのですが、それでも「お手頃価格でしかもカワイイ」という壁掛け時計がなかなか見当たらなかったので、日本に一時帰国した時に宇○百貨で買ったくらいです。
もちろんIKEAとかに行けば安くて売ってますが、“すぐ止まる”のが難点。。日本で売ってる安価グッズの質の良さを実感しました。

そんな壁掛け時計がある日いつもの場所にない時がありました。その前夜ドイツ人のルームメイトが私の部屋に遊びに来てそのまま眠ってしまったのですが、先に目覚めると「え?!時計無くなってる?!」という光景。。。壁の下に目線をやると、外された壁掛け時計が、、、しかもご丁寧に電池まで外してある(汗)
後で聞くと「あ〜、秒針の音がうるさくて眠れなかったから外したの〜」と平然と言ってました。。“また最初から時間合わせないといけないじゃないか〜!”と内心思ってしまいました、、
もちろん時計を重要視してるドイツ人もいますが、大半は「常に時計がなくてもいい」という人が多いように思います。
2008年07月04日(金) written by mosch from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]