PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200806242346

フランスのインテリア事情 〜 ワーホリ 生活 〜

フランスのインテリア事情 〜 ワーホリ 生活 〜 1 ワーキングホリデー通信
蚤の市で見つけた可愛らしいタンス★
先週の土曜日、やっと!フランスにも本格的な夏がやってきました。このまま、夏らしい暑さが続いて、みんなが素敵なバカンスを過ごせますようにと願うばかりです。
暑いと言えば、意味は少し違って、最近フランスで加速しているインテリア熱!M6というチャンネルの、D&CO(デコ)という番組を筆頭に、家具・インテリア専門店などに行くと、生活のメインである家や部屋づくりのヒントがいっぱいあります。また、買うより安いし、オリジナルにしたいっ!ブリコラージュ(日曜大工)好きが多いのか、そのための売り場やショップもとても充実していて、やったことのない私が行っても十分に楽しめます。最近は、夏のバカンスも近いということで、お庭やテラス用のインテリアが充実しています。

フランスのインテリア事情 〜 ワーホリ 生活 〜 2 ワーキングホリデー通信
昔のチュッパチャップス挿し?!
アンティークの好きな人や、あんまりお金をかけずにと言う人には、蚤の市もおススメですが、さらに朗報なのが、ただで!アンティークな家具と出会えるチャンスが意外に多いことです。私も何度か拾いましたよ!ごみの日に 笑。こちらフランスは、拾う人の率、多いです。え〜これ捨てるんですか〜??という、まだまだ使える家具達は、アンティーク好きにはもってこいです。
フランスでは、賃貸でも、家を出る(引っ越す)時に元通りにすれば、好きなように模様替えしていいそうです。壁の色を変えるとか、棚をとりつけるとか・・・。模様替えは楽しそうですが、元に戻すのが大変そうですね。。。それでも、滞在生活を楽しむために、部屋づくりに凝ってみてはいかがでしょうか!
2008年06月24日(火) written by Mon Tresor from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]