PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200804222238

カナダの喫煙事情 〜 ワーホリ カナダ 〜

カナダの喫煙事情 〜 ワーホリ カナダ 〜 1 ワーキングホリデー通信
タバコのパッケージ、箱の中にも
禁煙を促す文章がびっしり書かれています
カナダに来る留学生の間でよく耳にするのが、カナダはタバコの値段が高いということ。カナダと日本とは全く喫煙の法律も違うのでこちらに来て、あたり構わずタバコを吸っていると、「罰金」を支払わなければならなくなるかもしれません。今回は、カナダのタバコ事情についてお話します。
カナダの「喫煙」に関する法律はとても厳しいのですが、先日出された新しいタバコに関する条例でさらに厳しくなりました。レストランやバーはもちろんのこと中でタバコを吸うことはできませんが、ショッピングセンターや職場での喫煙などすべてにおいて喫煙できません。「じゃあ、外で吸えばいいか」というわけにもいきません。というのも、バンクーバー市は、レストランやカフェなどの入り口から6メートル以内では喫煙を禁止するという条例を取り入れました。違反者への罰金は最高2000ドルになります。外で喫煙するときも注意してください。

またタバコのお値段もかなり高く、1パック約8〜9ドル。タバコパックのデザインは禁煙を促すような醜い写真が掲載されています。喫煙しない人にはセカンドハンドスモークもなく快適なのですが、喫煙する人は少々辛いかもしれませんね。歩きタバコも日本ではまだまだ多いようですが、カナダでは冷たい目で見られる気がします。吸わない人はセカンドハンドスモークに気をつけている人もいるので、喫煙する人は場所を気をつけて喫煙してくださいね。
2008年04月22日(火) written by AKO from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]