PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200804112215

アイルランドのキケンな運転事情?! 〜 ワーホリ 生活 〜

アイルランドのキケンな運転事情?! 〜 ワーホリ 生活 〜 1 ワーキングホリデー通信
田舎道の運転は
楽しいけど危険もいっぱい?
ワーホリメーカーの皆さんで「アイルランドを車で一周したい!」という方がいるかもしれませんね。そこで今回は、アイルランドの運転事情をご紹介することにしましょう。
 アイルランドでは日本と同様、車は左側通行なので運転はしやすいです。日本と異なる主なことといえば、交通標識がアイルランド語と英語の二カ国表示であること、そして十字路ではなく<ラウンダバウト(Round-about)>という環状交差路がある点などでしょうか。
ところが、アイルランドの道路事情はお世辞にもあまり良いとはいえません。高速道路は首都のダブリン地域のみ。とはいえ、近年は地方ではバイパス工事が急ピッチで行われているため、かなり道路事情は良くなってきています。それでも鄙びた地域へ行けば、曲がりくねった狭い道や舗装されていないような道などもまだまだ健在(?)しているのが現状です。それにウシや羊たちが道を大移動(!)していることもあるので、特に要注意!だったりします。

 それに、動物よりもある意味キケンな存在もあります。それは現地のドライバーたち(笑)。日本では、たいてい皆自動車学校へ行って数々の試験をパスし、本試験に合格したら晴れて一人で公道を運転できるというシステムですが、アイルランドではこの「本試験」に合格していない<仮免運転者>も普通に公道を運転できるのです。この<仮免>を取るには、筆記試験に合格するだけ。技能試験はありません。数年前まではこの「筆記試験」すらなく、申込をすれば運転したことがなくても交通標識の知識がなくとも当たり前に運転できたという、何ともワイルドなシステムでした(苦笑)。さすがアイルランド……。

 アイルランドの道路事情、動物たち、現地ドライバーの《何でもアリ》的な運転…とアイルランドで運転するのはかなりスリルたっぷりかも(笑)。アイルランドで運転をしようと考えている方は、上記の輩たちにくれぐれも注意してくださいね???
2008年04月11日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]