PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200802292156

旅に出よう 〜 アイルランド ワーホリ 〜

旅に出よう 〜 アイルランド ワーホリ 〜 1 ワーキングホリデー通信
国内の旅には欠かせない、
イヌのロゴで有名な<バスエアラン>。
 ワーキングホリデーに皆さんは何を一番期待しますか?英語力アップだったり、海外で友達を作ることだったり…という方が多いのかもしれませんね。しかし長い一年の滞在期間、ぜひ旅行もたくさん経験してほしいなと思います。
 『旅』といっても色々ですが、例えばどういうものがあるのかというと――まずはアイルランド国内旅行。ダブリンなど都市部に住んでいれば「アイルランドのイメージじゃないなあ」と思う方もいるかもしれませんが、一歩郊外
に出れば緑の自然や草を食むヒツジ・ウシたちに出会うこともできます。
 欧米からの観光客に特に人気なのはアイルランド南西部〜西部。大西洋からそそり立つモハーの崖(Cliffs of Moher)など景勝地が多くあります。バスや列車の便は日本に比べるとあまりよくありませんが、地方都市へのアクセ
スはまあまあ良い、という感じでしょうか。バス会社『バスエアラン(Bus Éireann)』や鉄道『アイリッシュレール(Iarnród Éireann)』でチェックしてみてください。<One Day旅ツアー>なども行われているようですよ!

旅に出よう 〜 アイルランド ワーホリ 〜 2 ワーキングホリデー通信
欧州在住者はほとんど全員(?)
お世話になっている<ライアンエアー>。
 「アイルランドだけではなく他の国々もまわりたい」という人たちにも強い味方がいます。それは格安航空会社を使っての旅。近年はこういった格安航空会社間の競争で、非常に安価に他国を旅することができるようになりました。
数ユーロから数十ユーロ、ラッキーな時はタダ(!)とか数セントで旅できることもあるので、こまめに要チェック!アイルランドの航空会社『ライアンエアー(Ryan Air)』は一番人気ですが、預け入れ荷物の手数料などちょくちょく細かいお金をチャージされたりするので、予約する時は無駄にお金を徴収されないようよーくウェブを読むようオススメします。
 
 旅に出ることで更に見聞が広まること間違いなしです!
2008年02月29日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]