PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200802152141

アイルランドのスーパーマーケット事情 〜 ワーホリ 生活 〜

アイルランドのスーパーマーケット事情 〜 ワーホリ 生活 〜 1 ワーキングホリデー通信
スーパーマーケットを探検しよう!
 アイルランドの滞在で欠かせないのはスーパーでのお買い物。日本とはまた全く違った品揃えだったり量だったりで面白いなあ、と思います。海外旅行へ出かけた際も、必ずスーパーマーケットには立ち寄ります。その国での文化や生活習慣がぎゅっと凝縮された、ある意味一番の『観光地』だったりして???
 さて、アイルランドでよく見かけるスーパーマーケットは何といってもDunnes Stores(ダンズストアズ)や英国系スーパーのTesco(テスコ)でしょう。他にもSupervalu(スーパーバリュー)とかSuperquinn(スーパークイン)、更にドイツ系スーパーマーケットのLIDL(リードル)やALDI(アルディ)なんかもあります。
 全般的に言えるのは、どれもこれも量が多くて使い切るのが大変ということでしょうか(笑)。そして日本のスーパーに比べて生鮮食品が少なく(特に野菜!)、その代わり(?)冷凍食品や乳製品、お菓子類はとっても充実しています。

 私はたいていダンズストアやテスコにお世話になっているのですが、その主な理由はもちろん近所にあって24時間営業だから…というのもありますが、他にもポイントカードでポイントを集めたら値引き券をもらえるとか、賞味期限がせまった商品が半額などお買い得な値段でゲットできるから、という理由もあったりします。

 ところが、この「お値引き品」はかなり<曲者>で、注意をしないといけない代物だったりします。「安い!」と飛びついて買ったのはいいけど、良く見るとすでに腐りまくっていて食べられない状態だったり、とっくに賞味期限が過ぎてしまっているのに堂々と陳列棚に並んでいたり…そんなことがアイルランドでは日常茶飯事です。「腐ったもん売るなよ!」と思わず突っ込みたくなりますが……。最近日本でとりざさたれている「賞味期限問題」なんて、アイリッシュにはとうてい理解できないことなんでしょうね(笑)。

 そういうわけですので、買い物へ行った時はよ〜く商品を吟味してから買うようにしてくださいね!
2008年02月15日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]