PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200712212084

アイルランドに関する映画が旬! 〜ワーホリ生活〜

 冬になれば更に娯楽が少なくなってしまうアイルランド。アイルランドに住むようになってから、映画館によく足を運ぶように……。とはいえ数年前までは€5-6ほどとかなり安価な娯楽だった映画も、ここ数年で値段がぐんと上がりました。今やダブリンなど都市部では€9ぐらい、地方でも€7ほどするようです。とはいえダブリンのCineworldなど一ヶ月間何度でも映画観放題の「マンスリーチケット」(€17.50)も売られたりしているので、映画好きな方はそういうお得情報もチェックしてみる価値ありです。

 ところで最近は、アイルランドに関する映画も話題になっていますね。
例えば日本でも上映されている「Once(邦題;Once−ダブリンの街角で)」は、アイルランドのダブリンを舞台に繰り広げられる、アイルランド人男性とチェコ移民の女性の物語で、ストーリーだけではなく、音楽性の高さでも世界で高く評価されました。一度でもアイルランドを訪れたことのある人は、この映画を観て「アイルランドに帰りたい!」と懐かしく思うのかもしれませんね。

 そしてもう一つは、今日からアイルランドで全国公開の「P.S. I Love You」、これも今アイルランドで話題の映画です。豪華なキャスト陣だから、というのもありますが他にもまだ理由があります。この映画は同タイトル
の小説を映画化した、あるアイルランド人夫婦の物語なのですが、その小説を書いたのはセシリア・アハーン(Cecilia Ahearn)というアイルランドの女性作家。このセシリア・アハーンのお父さんは何とアイルランドの首相、バーティー・アハーン(Bertie Ahearn)なんです。 
 映画館で映画を見る前に原作を読んでおけば、字幕なしでも内容が分かりやすくなると思います。和訳もすでに出ているようなのでトライしてみてはいかが?
2007年12月21日(金) written by Uisce from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]