PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200710262027

事実婚は今古い?! 〜ドイツワーホリ〜

事実婚は今古い?! 〜ドイツワーホリ〜 1 ワーキングホリデー通信

子供がいても入籍しないで夫婦生活をするカップルがドイツに限らずヨーロッパではけっこう普通によくあるケースですが、ここ最近私のまわり(現地の外国人の友人)では“流行か?”というくらい結婚・出産ラッシュが続いています。もちろん40代前後のカップルが子連れで未入籍というケースは依然たくさんあり、シングルマザーもたくさんいるものの、最近の20代では正式に入籍し結婚式をして一緒に暮らすという傾向にあるようです。

未入籍の事実婚とシングルマザーが多いのはドイツの場合法律が絡んでて、例えば離婚した場合その原因・否が妻にあったとしても、収入が夫のほうが多いと慰謝料は夫が払わないといけない、つまり収入の多い方が慰謝料を払うというものが1つにあり、金銭感覚が几帳面(いわゆるケチ?)なドイツ人にはそれが厄介となり、未入籍のままパートナーとして暮らす事実婚スタイルを選択するようです。シングルマザーは未婚で子供を産んでも国から養育費・家賃がもらえるので仕事をせず子育てしても充分暮らしていけるようです。私はこれらの事を以前VHSのドイツ語クラスの授業の中でLehrerinが話してくれたのを聞いて初めて知りました。

なので周囲のカップルが同棲してても“ずーっとこのスタイルでいくんだろうなぁ〜”と思ってたのですが、そんな彼らが今年の間にどんどん正式な結婚・挙式をしてるので、ある時別の友達に“ドイツってけっこう事実婚多くなかったっけ?”聞くと「ちょっと前はそうだったけど、今はちゃんと結婚するのが流行りみたいだよ」と。
結婚”ブーム”ってのもなんだか変な感じですが、でも、素晴らしいことなんでドイツでこのブームが続けばいいなぁ、なんて思ってしまいました。
2007年10月26日(金) written by mosch from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]