PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200709041959

ティータイムにしませんか?

ティータイムにしませんか? 1 ワーキングホリデー通信

バンクーバーはカフェの多さが物語るように、コーヒーの人気が絶大です。しかし、カナダ(東部の一部を除く)は元々イギリス領で、特に“ブリティッシュ・コロンビア”という名を持つBC州は英国色が今も色濃く残っている事で有名。それは英国の“紅茶文化”も然りで、BC州では沢山の美味しい紅茶や可愛いティーハウスに出会う事が出来ます。今回は、交通アクセスが簡単なバンクーバー市内にあって、美味しい紅茶とアフタヌーン・ティーを楽しめるショップを幾つか御紹介したいと思います。

まずは1894年創業で、BC州における紅茶の老舗『Murchie's Tea & Coffee Ltd.』(825 West Pender St.)。本店はバンクーバー島のビクトリアにあり、1世紀以上も守り抜かれた伝統製法によって作られた紅茶(そしてコーヒー)は香り豊かな絶品揃い。私はこちらの『Black Currant』『Empress Afternoon』がお気に入りです。紅茶・コーヒーの他にティー・グッズも販売しているので、お茶好きのお友達へのプレゼント探しに便利。アフタヌーン・ティー(1人約25ドル)は要予約で、6店舗あるお店の中で、ビクトリア本店、ウェスト・ペンダー店のみでやっています。

ティータイムにしませんか? 2 ワーキングホリデー通信

お次のティーショップはその名も『T』(1568 West Broadway)。元々は茶葉の卸会社で、クライアントは世界中の一流ホテルのみ。このショップは『T』の紅茶を一流ホテル以外で楽しむ事が出来る唯一の“テイスティング・ブティック”なのです。アフタヌーン・ティーはありませんがスコーン等の軽食があり、世界が認める洗練された紅茶を店内で頂けます(変り種の抹茶ラテもお奨めです)。また店内の一角には和風茶室があり、定期的に裏千家のお茶会が催されているようです。

ティータイムにしませんか? 3 ワーキングホリデー通信

最後に御紹介したいのはケリスデールにある『ADONIA Kerrisdale Tea House
』(2057 West 41st Ave. )。経営者は中国の方のようなのですが、本格的なビクトリアン・スタイルのアフタヌーン・ティーを楽しめます。こちらの紅茶はフレーバー・ティーがメインのようなのですが、ティーポットにちゃんと本物の果実が入っていたり、一人ひとりのティーポットに一つずつティーワーマーが用意されているのは嬉しい心配り。アフタヌーン・ティーは予約無しでも大丈夫ですが、一応は予約をした方が確実です。

初秋の昼下がり、英国の雰囲気漂うティーハウスで、優雅にティータイムを過ごしてみませんか?
2007年09月04日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(4)


カナダ関連の記事

この記事へのコメント

Saori 2007/09/29/08:56
サオリさん、こんにちは!
こちらこそ、お忙しい中、いつも貴重なコメントをありがとうございます!
いつもいつも感謝しております・・・。

>ホテル内の歴史巡りツアー

そういうのがあるのですか!
知りませんでした!
せっかくなので、行った際は挑戦してみようと思います!
今年の年末には実現できそうな気がしてます^^

それと、アボッツフォードのエアーショーに行かれたんですね〜。
私は今回、行きたいな〜と思いつつ、行きそびれてしまいました・・・。
来年こそは・・・。

サオリ honeyintea@hotmail.co.jp 2007/09/22/15:21
こんにちは☆お忙しい中いつもお返事ありがとうございます!!

フェアモントエンプレスホテルでは夏のシーズン中は毎日10時から、ホテル内の歴史巡りツアー(10ドル)をやっていて、その後12時半からアフタヌーンティーを楽しみました。この日は私の「エンプレスホテルDay」でした☆

ワインも紅茶も、産地や品種によって本当にいろいろな種類があるので、こだわり派にとってはそれが魅力となるのかもしれませんね。私の場合は、なんでもおいしく感じられ、特にこだわったりはしておりませんが・・・。
アボッツフォードにもティーハウスが!?穴場ですね。アボッツフォード空港には8月に「エアーショー(カナダ空軍・米軍の航空祭)」で訪れました。アボッツフォードは、広々として良いところですね。

Saori 2007/09/14/15:24
サオリさん、こんにちは!
いつもの如くお返事が遅れてしまい、申し訳ないです・・・。

サオリさんはワインだけでなく、紅茶もお好きなんですね!
私の仲の良い友人もそうなんですよ!
ワインを好まれる方は紅茶も同様に好まれる傾向にあるのですねえ。
なかなか興味深いです。

エンプレス・ホテルのアフタヌーン・ティーを試されたのですね!
私はまだなんですよ〜。
あそこは『BC州のアフタヌーン・ティー総本山』って感じですよね〜!
今のところ、私のティーハウス開拓はバンクーバー〜アボッツフォード止まりですので、ビクトリアに行った際は是非試したいと思います!

バンクーバー以外にも、近郊には沢山ティーハウスがありますので、是非、いつか試してみてくださいね♪

[1][2 ]

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]