PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200708311956

旅の安心料 ワーホリ保険

旅の安心料 ワーホリ保険 1 ワーキングホリデー通信

今夏からドイツへのワーホリの条件となってる保険(die Versicherung)の加入が、ドイツ国内の保険会社で、歯と妊娠のカバーもされてるものであればどこの会社のものでも可能になったのは新しいニュースですね。
会社によっていろんなプランがあるのですが、私の場合はベースになる保険に旅行の際の携行品や遅延などのカバーが含まれていなかったので、今回他国に旅行に出ることもあり、改めてそれ用のプランに旅行期間中分を加入してみました。

旅の安心料 ワーホリ保険 2 ワーキングホリデー通信

今は殆どネットのオンライン申し込みができるので、旅程、旅費やセット型プランにするか、プラン自由選択型にするか、支払い方法などの項目を打ち込み、PDFファイルで返信される申し込み完了メールをもとに加入証明書を手にしました。私は家にプリンターがないのですが、印刷だけネットカフェに行ってプリントアウトすると方法をよくしています。
会社によってはカード支払い不可のところもあるようなので、もしドイツの銀行口座を持ってない場合はカード支払い可能の保険会社を選ばないといけないことになります。

このように自分で保険会社を見つけて申込むケースと、バスや鉄道の会社によっては予約の際に保険に2〜4ユーロ足せばチケットに保険を付けれますよというものもあります。ドイツ国鉄(DB)の予約ではそういった保険プランはICEの切符を買ったとしてもないのですが、フランス国鉄(SNCF)などはオンライン予約時に保険をプラスするかどうかの選択ができたり、ヨーロッパ各国をつなぐユーロライン・バスでも保険が付けれたりもします。但しこの場合はその区間の遅延やキャンセル等の場合のみの保険になります。

もう夏の雰囲気は終わってきてますが、DBは2007年末まで乗車分の切符が12月28日までお得価格で購入できますし隣国行きの往路切符も含まれてるので、秋以降の旅のプランを練るというのも時間のあるワーホリさんには有意義なことでしょうね。
2007年08月31日(金) written by mosch from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]