PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200708311953

Bioな生活 パリ

Bioな生活 パリ 1 ワーキングホリデー通信

パリにはビオショップがたくさんあり、ビオマルシェもある。
健康に気を使うというのが、ベース化しているのか、bioスーパーに行くと、色んな事に気がつく。

bioの米、玄米、ショーユ、野菜も量り売りで1個からでも購入化。ミルクもbio,ジュースもビオ、はたまたワインもお菓子もビオ。
日本にこんなショップあったら絶対儲かるのになと考えるこの頃。

Bioな生活 パリ 2 ワーキングホリデー通信

化粧品、シャンプー、石けんもなんでもある。店の規模は日本のコンビニ位の大きさ。
なので他のスーパーと比べ買い物が非常にしやすい。

私もパリに来た当初は安いの第一で考えていた。
しかし、一人分の食費位ならbioでもいいのではないか?と思いはじめ、bio製品に変えていった。

野菜も他のスーパーと比べ若干高いが、でも体に入る物なら安全な物と考えるとBioになってしまう。
なんとなく、自分が安心するからというのもあるかもしれない。

Bioな生活 パリ 3 ワーキングホリデー通信

パリでよく見かけるのが「ナチュラリア」これと私は家の近くでよく行くのがオベルガンフの「bioscoop」「biomoi」の3つ。

この3点を基軸に、毎週日曜日に開催されるビオマルシェ5区のメトロsevres babyloneからrennes駅に歩いて行った所にある。規模も大きすぎるわけでもなく、心地のいい感じ。

パン屋さん、野菜屋さん、魚屋さん、お肉屋さん、乳製品屋さんに美味しいパン屋さん、クッキーやパウンドケーキのお店、コーヒーや
tea,ショコラショーを飲ませるお店もある。

Bioな生活 パリ 4 ワーキングホリデー通信

日本から旅行で来る方でオススメなのが石けん屋さんや、ハチミツ屋さんバスソルトやハーブを売るお店でお土産を探す!

案外どこにもない物がみつかるし、可愛いしオススメです。

そして家の近くのマルシェで今日も美味しい御飯が出来上がります。
写真はbioscoopと最近よく飲んでいるbiotea.yogiteaです。
2007年08月31日(金) written by mimi from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]