PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200708211936

ワイナリー・ツアーでカナダ産ワインを堪能しよう!

ワイナリー・ツアーでカナダ産ワインを堪能しよう! 1 ワーキングホリデー通信

カナダといえば、どうしても“大自然”が先に立ってしまいますが、実は“ワインの生産国”としても知られている事、御存知ですか?特に、ナイアガラ地方の“アイスワイン”は有名ですよね。カナダの主なワイン生産地はオンタリオ州で、カナダ産ワインの実に80%がオンタリオ州で生産されています。

しかし、BC州にもワイナリーが数多く存在し、私が住むバンクーバーから車で1時間弱で行けるフレーザー・バレーのラングレー市にもワイナリーが沢山あります。最初はワインをたしなまなかった私ですが、ワイン好きの友人に幾つかのワイナリーに連れて行ってもらう内に、いつの間にか飲めるようになっていました(笑)。今回は、その友人が紹介してくれ、それ以降は自分でも行くようになったラングレーでのワイナリー・ツアーを御紹介したいと思います。

まずは『Fraser Valley Wine Association』のウェブサイト(http://www.fvwa.ca/)に行き、各ワイナリーの場所を確認してください。私がお勧めするワイナリーは以下の3ワイナリーです。

ワイナリー・ツアーでカナダ産ワインを堪能しよう! 2 ワーキングホリデー通信

『The Fort Wine Co.』
ワイン好きの間で“フルーツ・ワイン”といえば『The Fort Wine!』と名が挙がるワイナリーで、ワイン初心者に是非お勧めしたいワイナリー。2001年創業の比較的新しいワイナリーですが、既に受賞暦多数。桃と杏を材料に使ったデザート・ワイン“Gold Rush”が、『2006年度 ノースウェスト・ワインサミット』において見事金メダルを、ストロベリーが原料のテーブル・ワイン“Strawberry”も、2004年度の同サミットにおいて金賞を受賞。その他のワインも銀メダル等を多々受賞しています。

ワイナリー・ツアーでカナダ産ワインを堪能しよう! 3 ワーキングホリデー通信

『Domaine de Chaberton Estate Winery』
フランス人移民夫婦によって、1991年に創業。フレーザー・バレーで最も古い歴史を持つワイナリーで、受賞暦も大変多く、最近では“2004 Canoe Cove Chardonnay”が、オンタリオにて開催された『2006年度 全カナダワイン・コンペティション』においてダブル・ゴールドを受賞。Bacchusなどの白ワインの他にデザート・ワイン、赤ワインも取り扱っているので、広範囲でお勧めしたいワイナリー。敷地内の『Bacchus Bistro』でランチ後、毎日あるワイナリー・ツアー(2月〜11月/午後2時〜4時 12月・1月/午後3時)に参加してみるのもいいかも。

ワイナリー・ツアーでカナダ産ワインを堪能しよう! 4 ワーキングホリデー通信

『Township 7 Vineyards & Winery』
2001年創業。フレーザー・バレーのワイナリーの中では歴史が浅いながらも、オカナガン・バレー、ラングレー、ペンティクトンの葡萄畑から厳選された葡萄から作る白ワインは絶品で、“Chardonnay2001”に関しては『2003年バンクーバー・ワイン品評会』にて“Best Chardonnay of Canada”に選ばれました。同ワインは“Canadian White Wine of the Year”にも選ばれるなど、歴史は浅くとも大変実力派のワイナリーです。

これらのワイナリーは短時間で移動可能の場所にあり、ワインの無料試飲が出来るので(数量制限がある所もあります)、根気強くお気に入りのカナダ産ワインを探してみてください。
2007年08月21日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(5)


カナダ関連の記事

この記事へのコメント

サオリ 2007/09/05/16:04
お返事ありがとうございます。そうですか…車がないと行くのは難しいのですね。私も少し公共交通機関情報を調べてみたのですが、見つかりませんでした。きっと、バスツアーなどに参加するのがよいかもしれませんね。

私は、ワイナリーというところはワインの専門家が買い付けに行くところだと思っていました。

私は、ドライからスイート、赤も白もロゼも、どんなワインでも好きです。お気に入りの「1本」だけを決めるのは難しいかもしれません(笑)

Saori 2007/08/29/12:37
tomokaさん、コメントをありがとうございます!

バンクーバーは3ヶ月目ですか。
とても良い時期にいらっしゃったのですね!
バンクーバーの夏を楽しまれましたか?

それと、ワインがお好きなのですね。
今回の記事、参考になりましたでしょうか?

今回御紹介したワイナリーは交通の便が悪いのが難点でして・・・。
やはりお友達と車で行かれる事が一番なのですが、その時はくれぐれもテイスティングのし過ぎにお気をつけ下さい!
出来れば、お酒をたしなまれない方に運転を御願いするのが一番ですね。

tomokaさんは、どのワイナリーの、どのワインがお気に入りになるのでしょう。
楽しみです!

tomoka tomokapple@hotmail.com 2007/08/28/04:26
はじめまして。 ワインが有名とは聞いていたのですが、ワイナリーがあるのは知りませんでした。(BCワインがあるんだから当然ワイナリーもあるんでしょうが・・・笑)

バンクーバーに来て3ヶ月目。ようやくバス・電車にも慣れてきたトロイ私ですが、お酒には目がなく、シアトルにいるときよくワイナリーに出かけました。 今バンクーバーでは車がないので、まず交通手段を考えて是非お気に入りの一本を見つけたいと思います。
情報ありがとうございました♪

[1][2 ]

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]