PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200706221866

ニュージーランドで世界を味わう!

ニュージーランドで一番大きな都市 オークランドの街中を歩いていると、パケハ(マオリ語で白人を指す)、マオリ(NZ先住民)、アイランダー(サモア、トンガ、クック諸島など)、アジア…と初めのころはいったい自分がどこの国に来たのか面食らったくらい様々な人種の人たちとすれ違います。

そんな多国籍文化が幸いして、ショッピングモールや街の中にあるフードコートでは10ドル以下で本場の味を楽しむことが出来ます。日本食として抜きん出ているのはやっぱりSushiですが、うどんやどんぶりも人気があるようです。他にはインド、中華、韓国、タイ、ベトナム…どうやらアジア勢が優勢なようですが中東からのケバブやスブラキも負けてはいません。

ショッピングモールに出かけると、ランチタイムのフードコートはお昼を食べに来た人たちでごった返していて、学校の制服を着たパケハの女の子たちが4人くらいで巻き寿司をつまんで、インド人が中華料理をお皿いっぱいに盛って、そして私たち日本人が本格インドカレーをナンと一緒に食べている…という光景にふと気がついて、これは日本で暮らしていたらきっと体験できないことだなぁと心から感じます。

こっちで言うSushiはまだまだ巻き寿司がメインで、握り寿司もあるけれどもサーモンが主流、ごくたまにマグロも見かけます。サーモンばっかりが詰められたお寿司のパックを見て、日本のスーパーで見かける色んなネタが1カンずつ入ったお寿司のパックが売り出されないかなぁ…と日本が恋しくなることもありますが、日本ではなかなか味わえない世界の味を楽しめて、10ドル札でおつりがきてしまうフードコートはそれでも魅力的。
日本にもいつかできないかなぁと本気で考えてしまいます。
2007年06月22日(金) written by キゥイ from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]