PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200705291838

カナダでの生活費、いくらかかる?

これからカナダでのワーホリを考えている人にとって、気になる事の一つに『カナダでの生活費は一体いくら掛かるのか?』という事があると思います。現地での生活費の相場が分からないことには、生活予算の計画も立てにくいもの。ということで、今回は『カナダでの生活費』についてお話したいと思います。(1カナダドル=112円で換算してみてください)

まずは、生活費を大きく占める『レント(家賃)』について。バンクーバーは現在、住宅バブル真っ只中で、レントもどんどん引き上げられています。1ベッドルームアパート(日本の1LDK)の場合、治安が良くないとされるイースト・サイドは600〜800ドル、治安が良いとされるウェスト・サイドは800〜1000ドル辺りが相場。ダウンタウン(DTイースト・サイドを除く)のレントは大体ウェスト・サイドのレントと同じ位か、少し割高となります。一人で払えば高いレントですが、ルームシェアをすればレントを折半できます。ルームメイトは地元新聞等で探せますが、相手によってはカナダ生活の良し悪しが大きく左右されるので、ルームメイトは慎重に選ばねばなりません。

そして次に気になるのが『食費』。ちなみに、私のカナダ一年目の月々の食費予算は200ドルでした。カナダに来て最初の買い物時にお米や調味料等を一気に買い揃えたので、この時の支払いは200ドル近くになりましたが、それ以降は1週間毎に50ドル分迄の食料を買い足すだけ。これで十分事足りました。スーパーの会員カードを取得し、会員割引きが効く商品を集中して購入していたので、大きい時には清算時に10ドル以上値引きされた事も。是非、スーパーの会員カードは取得しておいて下さい。

お次は生活になくてはならない光熱費。水道代と暖房代はレントに含まれているのが殆どなので心配ないとして、電気代は余程使い過ぎなければ月々30ドル位で済むでしょう。電話の場合、部屋に電話(&インターネット)を引けば、開設&工事費用込の初回請求以降は月々70ドル位。携帯電話は会社やプランにもよりますが、私は月々31ドルを支払っています。

今回は私基準のカナダでの必要最低限の生活費を御紹介しましたが、その他にも交際費や公共交通機関の定期パス費用等も発生します。あなたの生活基準に合った生活予算を立て、無理の無い快適なカナダ生活を送ってくださいね。
2007年05月29日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]