PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200704171798

美容院

美容院 1 ワーキングホリデー通信

まず最近美容院といえばこれ!といえるほど多いのが、10ユーロ(値上がりして最近では15ユーロも登場しましたが)でカットのみの美容院、CUT AND GO!です。予約制ではなく、通常待ち時間があります。シャンプーつきのところがほとんどですが、カット後のブローは自分で行い、これをスタイリストさんに頼むと追加料金になります。カット後に自分一人でドライヤーで髪を乾かしていると日本の美容院が恋しくなりますが、節約家の多いドイツならでは、節約生活もおしゃれのひとつという雰囲気もあるベルリンの象徴とも言えるでしょう。そして、さらにCUT AND CAFEと呼ばれるカフェと一緒になっている美容院もあり、待ち時間に飲み物を注文したりできます。残念ながら、日本の美容院のようにマッサージをしてくれるということは期待できないし、リラックス出来るようなところではないかもしれません。

さて、スタイリストさんの腕のほうは?ドイツに5年生活して思うことは、日本のスタイリストさんのほうが上手で、サービスもよい、細やかな気配りがあるといえます。10ユーロカットショップではスタイリストさんを選べないので、運良くセンスの良い人に当たればラッキーですが。

ですので、やはり腕とセンスの良いスタイリストさんがいる美容院に行きたいのであれば、カットで最低でも35ユーロほどみなくてはなりません。ベルリンの日本人スタイリストさんだと、45ユーロほどからになります。そして、観光客の多い高級感の溢れるウンターデンリンデン通り付近になると、50ユーロ以上を見なくてはなりません。確かに腕は良いのですが、日本語でもスタイリストさんにこうしてほしいと伝えるのはご存知のとおりかなり難しいので、ドイツ語となるとさらに難しいでしょう。イメージフォトをもっていくとか、店内にある雑誌の中のカットモデル写真を見せるとかして、なんとか希望のスタイルにしてもらいましょう。
2007年04月17日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(1)


ドイツ関連の記事

この記事へのコメント

石崎 達也 tatsuya_ishizaki78@yahoo.co.jp 2007/08/16/20:27
記事に対して適していない内容でしたらすみません。僕は来年WHでドイツへ行く予定のものです。この場を借りて質問したいと思い、失礼とは思いながらコメントさせていただいてます。僕は10年美容師をやっていて、多少ながらその技術を生かしドイツで働きながら生活をしたいと思っています。あわよくば就労ビザに変更できればなんて考えています。が、実際日本人のスタイリストの需要はあるのでしょうか?ドイツ語がぜんぜんなので日本で少し、そちらに行ってから語学学校にも行こうと思っています。そんなレベルでやとってもらえるのでしょうか?いきなり一方的な質問ばかりですみません。分かる範囲であれば教えていただきたいです。宜しくお願いします。!

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]