PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200703301778

ラウンド

ラウンド 1 ワーキングホリデー通信

New Zealandでワーホリをしている人には馴染みのある言葉で「ラウンド」というのがあります。
これはいわゆる旅行のことを指していて、国内をぐるっと周って旅行をすることからついた名前だと思います。

New Zealandは北島と南島、あとは小さな島から成り立っていて、数週間あれば1周することが出来るようです。
私はWHのワーキングに重点を置いて過ごしてるため人の多い都市のほうが過ごしやすいので、今はNew Zealand2番目、南島では最大の都市Christchurchに住んでいますがそれでも街から数時間離れれば素晴らしい景色にめぐり会えます。

車社会のNew Zealand。車があれば便利なんですが、私は免許を持っていないので移動は交通機関に頼ることになります。
一度に遠くまで移動するなら飛行機、島と島の間はフェリー、電車は長距離移動用がほとんどで街中を走るのではなくて距離の離れた町と町を結びます。
線路の数も1日の電車の数も少ないので、ラウンドをするのに便利なのは大型バスだと思います。
色々なバス会社が主要観光地を結んでいて一定期間乗り放題になるバスのチケットも販売されています。

この間は仕事の休みを利用してChristchurchからバスで3時間のLake Tekapo(テカポ湖)へ行ってきました。
400mほどで終わってしまう小さな街ですがここの湖は色がターコイズブルーでとてもきれいなんです。
氷河から流れる水が含む岩の小さな粒子が太陽の光を乱反射させ、この神秘的な色になると聞いたことがあります。

ラウンド 2 ワーキングホリデー通信

多くのツアーの人々が休憩地点として通り過ぎるだけのこの小さな町は、もうひとつ有名なものがあり、晴天率が高く乾燥した土地であることが幸いして夜には満点の星空が観測できるんです。
目が慣れるにつれて増えていく星の数はまさに無数!
天の川もはっきりと分かります。
私のカメラではとても写せるものではありませんでしたが、ずっと忘れない光景だったのは確かです。

派手な遊園地も観光地も少ないNZですが、こういったのんびりした生活も気に入っています。
2007年03月30日(金) written by キゥイ from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]